iPhone裏技の使い方まとめ

iPhone11やiPhoneSEなどの最新機種の便利な操作まとめです。画像などの設定など役に立つ裏技を掲載しています。

レビュー評価

📱スマホまもる君レビュー【スマホコーティング剤最強】

投稿日:

スマホ本体を守る最新の手段として、ナノサイズの防弾ガラスを塗布してスマホ保護ができる「スマホコーティング」が口コミで広がりつつあります。

auなどの携帯ショップの中には、施工をオプションで行う店舗も出てきました。

こうしたスマホコーティング剤のなかでも、手頃で評価も高い「スマホまもる君」を試してみます。




スマホのガラスコーティングとは


スマホの本体をなぜ保護するのか。考えられるのは「綺麗なままで使いたい」「中古で売るときになるべく高く売りたい」といったことです。

特にiPhoneは、購入して早いうちにコーティングを行うことで、本体の傷や汚れを防ぎ、新品同様に保たれます。

故障しにくくなったり、中古で売る際に高い査定額で売却したりできます。

例えば中古でiPhoneを売る際は、状態によって2万円ほど買い取り額に差が付きます。

さらに、iPhoneが万が一、画面割れを起こした場合は、アップルケアに加入していても3,740円かかります。

そこで、iPhone本体を保護する手段として人気を集めているのが、ナノレベルの特殊な液体ガラスで本体を包む「スマホコーティング」です。

これまではフィルムを貼るのが一般的でしたが、数年前から、様々なメーカーがスマホコーティング剤を発売しています。

あるいは店舗でオプションという形で施工するところもあります。

スマホコーティングがフィルムから置き換わりつつある理由は、「施工がフィルムより楽」「コスパがフィルムより圧倒的によい」ことが挙げられます。

気泡が入ることもなければ、貼る位置がずれてフィルムを無駄にすることもありません。

また、少なくとも数台はコーティングを施せて、1度塗れば3年ほど定着し続けます。

そんなコーティング剤の中でも使い勝手の良いと言われるのが「スマホまもる君」です。

スマホまもる君


スマホまもる君が好評を博しているポイントは「傷防止」「汚れ防止」「性能アップ」の3点。1つずつ紹介していきます。

傷防止

本体を薄いガラスで包むという仕様なので、正面からの衝撃には非常に強い防御力を持ちます。

ハンマーでもカッターでも平気といわんばかりの公式サイトの画像が目を引きます。

実際に叩いてみた!といきたいところですが、社用携帯なので、ここは勘弁してください。

ちなみに「硬度9H」とありますが、これは過去に発売されていた、いわゆる「ガラスフィルム」という高い強度のフィルムと同じくらいの硬さです。

規格の由来は、9Hの鉛筆で引っ掻いても傷がつかないというところから。

スマホコーティングであれば鉛筆どころか鍵やカッターのひっかきにも耐えます。

カバンの中やポケットの中にスマホを裸で突っ込んでしまう自分には助かる性能です。

落下に関しては、「面」で落ちた場合は平気なことが多いのですが、「カド」で落ちた場合は100%大丈夫と言い切れません。気休め程度です。

側面からの衝撃が不安な場合は、コーティングと合わせてバンパーケースを付ける等の工夫が必要になります。

汚れ防止


スマホまもる君、予想していたより遥かに汚れ防止に効果を発揮しています。

買った時と同様の輝き…とまでは行きませんが、かなり見た目もまともな感じに。

付着した指紋などの汚れも、布でさっと拭くだけで落ちやすくなったような気がします。

脂ぎった指でスマホを操作している人は絶対使ったほうが良い…と、油分の多い私は思います。

世の中の人は思いの外、清潔感を大事にしていますから。

また、抗菌性能もあります。

スマホ本体は常に手で持つため、一説ではトイレより雑菌が多くいる、なんて話も。

それを多少なりとも軽減してあげることで、コロナなど感染症の予防につながるのであれば、こんなにありがたい話はありません。

ちなみにコーティング剤は特殊な液体ガラスなので、実はメガネにも利用可能です。

1台のスマホをコーティングしただけでスマホまもる君を使い切ることはまずないので、眼鏡の人はスマホのコーティングが終わったらぜひお試しを。

メガネ拭きの出番がだいたい半分くらいに減るかもしれません。

また、写真もきれいに撮れるようになります。

レンズ部分をコーティングすることでカメラレンズの指紋汚れや曇りを防ぐため、よりくっきりとした写真が撮れるようになります。自撮りもしかりです。

性能アップ


iPhoneでゲームをする方に、地味に嬉しいのが本体のすべすべ度アップです。

画面をタッチした際の指紋防止ももちろんですが、スライドする際の指の動きも良くなります。

音ゲーやシューティング、仮想スティック操作のゲームなどで威力を発揮するでしょう。

また、このスマホコーティングにはブルーライトカットの機能も備わっているので、長時間のゲームプレイでも目が疲れにくいのが嬉しいところです。

アイフォンデビューの学生におすすめですね。

CHECK!!>>格安スマホどこがいいか乗り換え徹底比較!はコチラ

スマホを利用する上で多くの人が気にしているのは月額料金ではないでしょうか。 昨今、スマホの料金を下げるには格安SIMにするというような流れは当たり前になっていると思います。 格安SIMを取り扱う業者は ...

スマホまもる君の口コミ・レビュー


実際にスマホのコーティング剤を付けていく、という場合は、3ステップ。

所要時間は20分から1時間程度。時間に余裕があるときに行うのがおすすめです。

流れとしては、「吹き付ける」→「塗りつける」→「乾かす」

効果が薄い場合は何度か繰り返すことでコーティング性能を高める事もできます。

1 吹き付ける

スマホまもる君を開封すると、
・説明書
・スプレー
・大きな布
・小さな布
がセットになって出てきます。意外とコンパクト。

まずはスマホ本体を、メガネ拭きなどのなるべくきめ細かい布で、できる限りキレイにします。

防水対応であれば水洗いしても良いかもしれません。

スマホがきれいになったら、スプレーを使って本体に液体ガラスを吹きかけます。

まんべんなくと説明書にはありますが、ざっくりでかまいません。

どうせこの後に布で伸ばしますし、重ね塗りも可能なので、気持ち少なめでも大丈夫です。

ちなみに、スマホコーティングもフィルムを貼るときのように、汚れを巻き込むのは避けたいもの。

そこで個人的にオススメなのはお風呂場での作業です。

他の部屋に比べて布製品が圧倒的に少ない分、ホコリも舞いにくく、キレイな状態で作業を進められます。

人生で初めてフィルムをスマホに貼り付けた時は、お風呂で半裸になってやりました。

それでもホコリや気泡が混じってしまい、フィルム代3,980円がパーになったことがあります。

それに比べればガラスコーティングなんて超簡単ですよ。次のステップに進みます。

2 塗りつける

スプレーで液体ガラスの吹き付けが終わったら、同梱されている小さな布で伸ばします。

液体をディスプレイの全体になじませるイメージ。

液体を吹き付けすぎた場合は、スピーカーなど凹んでいるスポットを塞がないように注意しましょう。

全体に行き渡ったら、そのまま乾燥させます。

10分以上は待ちましょう。

焦って生乾きの状態で次のステップに進むと一気にここまでの作業が水の泡になります。

3 乾かす

乾燥は風通しの良い場所で。とはいえホコリがつくので風を送り込む必要はありません。密閉空間に置きさえしなければ大丈夫。

10分以上経ったら、同梱されている大きい方の布で磨きます。

生乾きだとこのときに「メリメリメリメリ」と音を立ててガラスが剥がれていきます。

メリメリしなければ乾燥しているので、強くゴシゴシしても大丈夫。すべすべになるまで磨いてください。

磨き終えた後、もしすべすべ具合が足りないと感じた場合は、★1レビューを書く前に、重ね塗りを試してみるのをおすすめします。

3回も重ねれば、新品のようにキラキラすべすべなスマホが手に入るはずです。

ちなみに、今回はアイフォンを使用しましたが、iPhone以外でも、ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia」や、サムスン「Galaxy」その他Androidスマホでも利用可能です。

高価な最新機種にはもちろん、大切なスマホに「スマホコーティング」はおすすめです。


▼スマホまもる君はこちらから▼


スポンサードリンク

おすすめ記事

iPhoneが割れてしまった!挙動がおかしい!そんな方には修理業者がおすすめ!
iPhone修理業者とは?特徴・評判を徹底比較!

執筆者

執筆者
西山慧心(けーしん)
西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦12年。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。このブログでは最新のiPhone情報をどこよりも面白くお届けします。

-レビュー評価

Copyright© iPhone裏技の使い方まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.