iPhone裏技の使い方まとめ

iPhone11やiPhoneSEなどの最新機種の便利な操作まとめです。画像などの設定など役に立つ裏技を掲載しています。

iPhoneの裏技

iPhoneの写真サイズを簡単に変更する2つの方法

投稿日:

iPhoneの写真サイズを変更するオススメの方法2つ

 

iPhoneの楽しみのひとつに写真撮影がありますね。

 

画質が良いのでデジカメ代わりに旅行先や仕事などで使うことが多いのではないでしょうか?

 

ビジネスでもプライベートでも使う機会が多いiPhoneですから、便利な使い方があればとことん追求したいものです。

 

そんな中、iPhoneで撮影された写真をSNSなどにアップロードしてコミュニケーションを図ることも多いかと思いますが、「サイズが違うためにアップロードができない!」ということを経験したこともあるのではないでしょうか?

 

ここでは、iPhoneの写真サイズを変更する方法2つについてご紹介します。

1.iPhoneアプリを使ってiPhoneの写真サイズを変更する方法

 

 

iPhoneの写真アプリの基本的な設定としてトリミング(切り抜き)はできますが、サイズ変更はできません。

 

もちろん画像加工アプリを使うことでサイズ変更はできますが、余計な機能がついていて使いづらいものが多いと言う声も多数聞かれます

 

そんな中、今回、ご紹介するのは「Reesize」というアプリです。
iPhoneの写真サイズを変更するのにおすすめのアプリです。

 

では、使い方を説明していきます。

 

 

iPhoneアプリ「Reesize」を使って写真サイズを変更しよう!

 

 

サイズ変更に特化したシンプルで使いやすいアプリ「Reesize」がおすすめです!

 

操作はいたって簡単で、アプリを起動したら左上の[OPEN]をタップして、サイズ変更したい写真をカメラロールから選択します。

 

選んだら現在の、縦×横のサイズが表示されるので、変更したいサイズに数字を合わせて右上の「SAVE」をタップするだけです!

 

 

サイズ変更することを「リサイズ」と呼ぶのですが、「SAVE」が完了した時点で指定したサイズにリサイズされています。

 

たったこれだけで容量制限があったり、サイズ指定があるサイトへの投稿なども気軽に行うことができます。

 

元に戻したかったら、また変更をすればよいのです。

 

ここまでシンプルなのに評価は高く、長い間人気を誇っているアプリです。

 

多機能ではない、シンプルなアプリを使えばサイズ変更も簡単におこなえます。

 

スポンサードリンク

 

2.アプリを使わずにiPhoneの写真サイズを変更する方法

 

SNS映えする「カメラ撮影前」にできるサイズ変更

 
アプリのダウンロードが面倒という読者にはiPhone11シリーズ(iOS13)についている機能で写真のサイズを変更してしまいましょう。
 
instagramなどのSNSに写真をアップロードするとサイズが自動で切り替わってしまったという経験はありませんか。

 
その理由はinstagramの写真サイズがスクエアになっているからです。
 
そのため、iPhone11シリーズでそのまま撮影した写真をアップロードすると横が切れてしまいます。
 
instagramに友達との写真やパンケーキの写真を載せることが多い方は初めからカメラの設定をスクエアにしておくのがおすすめ。

 
やり方はとてもシンプル。
 
1.カメラを起動
 
2.画面の上にある山のような形をした白いアイコンをタップします。
 

 
3.画面下に「4:3」と表示されたアイコンをタップ
 

 
4.「スクエア」をタップ
 
以上の4つのタップでカメラ撮影の枠が切り替わります。
 
最初からスクエアになっているので、撮影したときと同じイメージのままinstagramへアップロードできます。

 
自撮り(セルフィー)のコツは自分の顔を枠の片隅に入れ、背景を4分の3ぐらい取り込むことです。
 
画面の中央に自分の顔をもってきてしまうと観光スポットで撮った写真も自宅で撮った写真も同じものに見えてしまいます。

 
どの位置に顔を入れたらいいかわからない方はグリッド線を表示させましょう。

 
1.「設定」をタップ
 
2.下へスクロールして「カメラ」をタップ
 

 
3.上にある「グリッド」をオンにします
 

 
上の操作をした後にカメラを改めて起動すると薄く白い線が走っているはずです。
 
このグリッド線では中央に四角が1つあります。
 
中央の四角の頂点の4つのうち、どれか1つに自分の顔の中心がくるように撮影しましょう。
 

 

あとでも安心! 「撮影後」の編集によるサイズ変更

 
撮影前にスクエア設定を忘れてしまった場合でも安心してください。
 
iPhoneの「写真」から「編集」をタップすれば、あっさりスクエアに変更できます。
 
1.「写真」から変更したいスナップを一枚選び、右上の「編集」をタップ
 
2.一番下の「井戸のようなアイコン」をタップ
 

 
3.右上の「四角が3つ重なったアイコン」をタップ
 

 
4.下の「自由形式」を右にスワイプして「スクエア」をタップ
 

 

まとめ

 

このようにiPhoneの写真サイズを変更するには、アプリを使う方法やメールを使う方法があります。

 

どちらも便利に使うことができますが、手軽にサイズ変更をしたい場合には、特化したアプリである「Reesize」を使うのがよいでしょう。

 

メールでも構いませんが、サイズの目安となる縦×横が表示されませんので、そこが少し残念なところです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

iPhoneが割れてしまった!挙動がおかしい!そんな方には修理業者がおすすめ!
iPhone修理業者とは?特徴・評判を徹底比較!

執筆者

執筆者
西山慧心(けーしん)
西山慧心(けーしん)
…兵庫県出身。ガジェヲタ暦12年。携帯乞食暦7年。iPhoneXS愛用中。このブログでは最新のiPhone情報をどこよりも面白くお届けします。

-iPhoneの裏技

Copyright© iPhone裏技の使い方まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.