iphoneの写真をパソコン(pc)に取り込む方法

iphone 写真 パソコン pc 取り込む方法

 

iphoneでは写真を撮影することができます。写真撮影だけを考えればガラケーから存在していたので目新しいものではありませんが、撮影された画質が驚くべきほどの性能を誇っているのです。

 

デジカメとなんら変わらないほど撮影された写真がキレイ!

 

iphoneが旅行先で欠かせないという人は増えてきており、それだけiphoneが生活に溶け込んでいると感じている人が多いのでしょう。iphoneで撮影された写真をパソコン(pc)に取り込むことは可能なのでしょうか?

 

その方法について説明していきます。

 

 

写真をパソコン(pc)に取り込もう

 

iphone 写真 パソコン pc 取り込む方法

 

まず用意するのは当然ながらパソコンです。それもwindowsに対応しているpcを用意しておく必要があります。そして、iphoneもパソコンに接続できるようにUSBがなければいけません。

 

このふたつが揃えばiphoneの写真やビデオをパソコンに取り込むことができるので、早速確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

まずはUSBでiphoneとパソコンを接続してからパソコンの操作になります。[スタート]から、[コンピューター]をクリックしてメニュー画面を表示させます。

 

するとiphoneと接続がされているので、「ポータルデバイス」という項目が追加されています。そこに、iphoneがありますのでクリックして別画面を表示させます。

 

iphone 写真 パソコン pc 取り込む方法

 

ここで[internal storage]をクリックして、「DCIM」を選択します。この[DCIM」フォルダ内には、iphoneで撮影した写真やビデオが1000枚単位でフォルダにまとめられて保存されています。

 

そのため、「DCIM」をクリックすることで、撮影された写真やビデオの一覧がズラリと並んでいます。

 

そこまで表示されたら今度は、pcにデータを取り込むようにします。方法はとても簡単で、取り込みたい写真の上にカーソルを合わせて、デスクトップにドラッグ&ドロップをします。

 

こうすることにより、iphoneの写真をパソコンのほうへコピーすることができました。

 

 

アプリを使って写真を取り込むには?

 

iphone 写真 パソコン pc 取り込む方法

 

上記の方法ではアプリなどは使わずに、パソコン画面にiphoneの画像ファイルを表示させて、単純にドラッグ&ドロップをして取り込む方法でした。とても簡単ですが、しっかりとパソコン上に保存させることができる賢いやり方です。

 

この項目でお伝えするのは、アプリを利用してパソコンにiphoneの写真を取り込む方法についてです。iphoneには[iCloud]と呼ばれるiphoneやipadのデータをサーバー上に保存する機能が無料で使うことができます。

 

icloudがオンになっていると、iphoneは自動的に写真や保存した動画をサーバー上にアップロードするようになります。

 

スポンサーリンク

 

この機能を「フォンストリーム」と呼ぶのですが、これをするにはいくつかの条件があります。まず、icloudをオンにしていることと、Wi-Fiで接続していることです。

 

これらが当てはまらなければicloudを実行することができませんので、注意しておきましょう。

 

サーバー上にアップロードされた写真は、windowsに[icloudコントロールパネル]をインストールしておくと、自動的にパソコンに写真をダウンロードしてくれます。以下からは、windowsにicloudコントロールパネルをインストールする方法について説明していきます。

 

iphone 写真 パソコン pc 取り込む方法

 

iTunesが、パソコンにインストールされている場合は、たいて「icloudコントロールパネル」がインストールされているはずです。

 

icloudコントロールパネルがインストールされているか確認するには、「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」を「大きいアイコン」にし、「icloud」のアイコンが表示されれば、インストールされています。

 

もし、icloudがインストールされていない場合は、iTunesをインストールしましょう。その時に、icloudを同時にインストールするかどうかを聞いてくるので、インストールにチェックをしましょう。すると、自動的にインストールしてくれます。