iphoneのホーム画面をスッキリ整理しよう

iphone ホーム画面 整理

 

ガラケーとスマホの大きな違いは、アプリの数といっても過言ではありません。スマホでは、設定から電話、メールまで全てがアプリ形式になっており、その数が増えれば増えるほどホーム画面はゴチャゴチャしてきます。

 

不要なものもあるかもしれませんが、その消し方が分からなかったりしてずっと放置しちゃっていることもあるでしょう。

 

iphoneのホーム画面は簡単に整理することができます。自分好みにカスタマイズすることも可能ですので、その方法について説明していきます。

 

 

キレイに整理するテクニック

 

iphone ホーム画面 整理

 

iphoneのホーム画面に並んでいるアプリのアイコンは、自由に移動させて並び替えることが可能です。

 

任意のアプリやアイコンを一定時間タッチし続けることで、アイコンが「ブルブル」震えます。これは何かの故障ではなくて、正常な反応なので慌てる必要はありません。

 

このブルブルと震えた状態になれば、アプリアイコンを移動させることができるのです。移動方法は難しいことはなく、震えたアイコンをタップしたままスライドさせるだけです。

 

たとえばホーム画面の一番右下にあるアイコンを一番左上に持っていくとします。方法としては、該当する一番右下のアイコンをずっと押し続けます。これをすぐに離してしまうと、アプリが起動してしまいますので長く押すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

タップを続けると、震えるのでこの震えが「移動のサイン」となります。押さえ続けた指をスライドさせると、該当するアプリアイコンも一緒に動きます。

 

そのまま、一番左上のアイコンにまで持っていきましょう。すると、一番左上にあったアイコンがひとつ右に移動し、それ以降はひとつずつ移動します。そして、持ってきたアイコンが一番左上に見事に移動しました。

 

これを繰り返すことにより、自分が一番使うであろうアイコンをタップしやすい場所に持っていったり、種類ごとに上手に整理することができます。

 

ホーム画面をスライドさせると新しい画面を表示させることもできますので、ほとんど使わないアイコンに関しては、使わないであろう画面に移動させてしまいましょう。こうすることにより、簡単にホーム画面の整理をすることができるのです。

 

iphone ホーム画面 整理

 

さて、アイコンの整理はホーム画面内だけではなく、ドック内といって画面一番下にある固定アイコンを移動させることもできます。

 

ホームにあるものをドックに持っていくこともできますので、頻繁に使うアプリだなと感じているものはドック内に移動させてみるのも良いでしょう。

 

整理が終わりましたら、「ホーム」ボタンを押します。すると震えていたアイコンが元通りに戻ります。

 

 

新しくフォルダを作成して、もっとキレイに整理しよう

 

iphone ホーム画面 整理

 

iphoneではパソコンと同じようにフォルダを作成して整理することができます。ホーム画面上のアイコンを一定時間タッチし続けてみてください。すると、アイコンが震えます。この状態で、ホーム画面上で2つのアイコンを重ねることでフォルダを作成することができます。

 

たとえばホーム画面の一番左上とその右にあるアイコンを重ねてみてください。動かし方は、上記の項目と同じでアイコンをスライドさせるだけです。重ねるとフォルダの中に入ったようなビジュアルになります。

 

スポンサーリンク

 

このフォルダには最高12個のアイコンを入れることができるので、溢れほどアプリを取得した場合などは整理する意味を兼ねて、フォルダを作成してみると良いでしょう。

 

なお、iOS7のiphoneの場合は1つのフォルダに最高135個のアイコンを入れることができますので、整理という面で困ることはほとんどないでしょう。

 

iphone ホーム画面 整理

 

アイコンがもう不要だと感じた場合には削除することもできます。これはアイコンを一定時間タッチし続けることで、アイコンの左上に[x]マークが表示されますので、それをタップしてみてください。するとデータを削除するかどうかの確認になりますので、「削除」をタップすることで消すことができます。

 

データ削除をやアイコン移動することでキレイなホーム画面を作ることができますので、是非試してみてください。