iphone・パスワードを忘れた場合の対処法

iphone パスワード 忘れた 対処法

 

iphoneには、ロック画面の解除をした後にさらにパスワードを入力する方法があります。これを設定しておかないと、ロックを解除しただけですぐにiphoneを使用することができるので、紛失した場合や恋人などにすぐに見られてしまいます。

 

セキュリティ上としてもあまりよろしくはありませんから、iphoneでパスワードを設定する人は多いことでしょう。では、設定したパスワードを忘れた場合にはどうしたら良いのでしょうか?その具体的な方法について説明していきます。

 

 

パスワードを忘れた場合・・・

 

iphone パスワード 忘れた 対処法

 

iphoneでロック解除のときに設定するものをパスワード(パスコード)と呼びますが、このパスコードの入力を忘れてしまった場合には、どうすることもできませんよね。

 

もし、パスコードの入力ミスを続けてしまうと、6回失敗で1分間使用不可能になり、7回で5分間、8回で15分間、9、10回で60分間、11回失敗してしまうと、iTunseに接続しない限り使用不可能になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

つまり、忘れたからといって何回もチャレンジすると、回数を重ねるごとに制限が増えていくという大変面倒な状況になってしまいます。

 

忘れたなーと感じたらスパっと諦めることも大切になってくるでしょう。そこで大切になってくるのが、パスコード(パスワード)の再設定になります。

 

 

バックアップから復元する

 

iphone パスワード 忘れた 対処法

 

iphoneをPCと同期はしているけども、パスコード(パスワード)が不明だというパターンでは、手動でしか解除することができないので、iphoneを出荷状態に戻す必要があります。

 

これは一般的には初期化と言われているものであり、この状態に戻すことが何よりも大切になるのです。

 

スポンサーリンク

 

これをするには、まずiphoneのバックアップを取ります。パスコードが分からないからログインできないと思うかもしれませんが、バックアップだけであれば、iTunseからでも行うことができます。

 

それにはパソコンとiphoneを接続した後に、iTunseを開いてバックアップを設定すればできます。

 

iphone パスワード 忘れた 対処法

 

バックアップができたら、iphoneを工場出荷状態に初期化をします。出荷状態のiphoneをiTunseに接続し、バックアップから復元をします。

 

このような手順を踏まなければならないのでちょっと面倒に感じるかもしれません。出荷状態で復元をしなければ、パスコードの再設定画面が表示できないので、必ず出荷状態にする必要があります。

 

 

どうしても無理なら出荷状態に戻そう

 

iphone パスワード 忘れた 対処法

 

iphoneをパソコンと同期をしていれば、上記の方法で初期化をして再設定をすることができました。しかし、同期すらしておらず、パスコードも忘れた場合には、初期状態に戻すしか方法がありません。

 

同期もできないのでバックアップもされないままの完全初期化という一番最悪なパターンになります・・・。

 

方法は、次の通りです。まずはiphoneをiTunesに接続をします。その後iphoneの電源を切り、iphoneのスリープボタン(右上)を長押ししてiphoneの電源を入れます。

 

このときに大事なのはスリープボタンから指を離さないことです。Appleのりんごマークが表示されたら、ホームボタンも長押しします。

 

Appleのりんごマークが消えるので、消えたら3秒後くらいにスリープボタンを離します。PCがiphoneを認識したらホームボタンを離します。

 

実にここまでの間では常にスリープボタンを押しっぱなしにしていなければいけませんので注意してください。

 

PC側に「iTunesはリカバリモードのiphoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiphoneを復元する必要があります」というメッセージが表示されるので、復元ボタンをクリックしましょう。

 

すると復元が完了して、出荷状態のiphoneとして復活できます。