iphoneのバックアップや復元で失敗する理由

iphone バックアップ 復元 失敗理由

 

少し前までは、iphoneのバックアップはパソコン上に作成するしかありませんでした。でも、今はiCloudを利用すればクラウド上にバックアップを作成できます。バックアップに関してはかなり便利になりました。

 

しかし、機種変更をしたときに、うまくデータが引き継げなかったり、アプリが動かなかったりしたという経験はありませんか?これはiphoneを機種変更したら避けられないこと、仕方のないことだと思われがちですが、決してそうではないのです。

 

 

キーチェインが原因だった…

 

iphone バックアップ 復元 失敗理由

 

iphoneを機種変更したときに、アプリやパスワードの情報がうまく復元されないのには、意外と知られていない理由があります。それは、iCloudや初期設定のiTunesで行うとキーチェインがバックアップされないからなのです。

 

キーチェインとは、iOSに搭載された特にセキュリティに重点を置いたデータの保管場所です。パスワードなど各種認証情報はキーチェインに保存されており、暗号化された状態でiphoneに保存されます。

 

スポンサーリンク

 

実は、認証情報の復元失敗は、この時の暗号化が原因になっているのです。というのは、iOSのキーチェインの暗号化は、ユーザーパスワードなどで行われるのではなく、iOSが勝手に作った専用の暗号化鍵でこっそりと行われてしまうからです。

 

つまり、特定のキーチェインは、それ専用の暗号化鍵で開けなければ中が見られないので、その暗号化鍵がバックアップされなければ、その中にあるパスワードなどが見られないというわけなのです。

 

iphone バックアップ 復元 失敗理由

 

iCloudやiTunesの初期設定においては、バックアップされるのはキーチェインの中に保管されているデータ自体だけで、キーチェイン専用の暗号化鍵はバックアップされないのです。

 

鍵がなければ中身は見られないわけですから、いくらデータがバックアップされていて、その情報が新しいiphoneに復元されていても、キーチェインの中にある認証情報を利用することはできません。そのため、アプリやパスワードが使えなくなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに、バックアップ元のiphoneにデータを復元した場合は、キーチェイン専用の暗号化鍵が端末に残っている状態ですから、問題なくバックアップされて、難なくキーチェインの情報を読み出すことができます。そのため、問題視されることがないのです。

 

 

バックアップを引き継いで復元しよう

 

iphone バックアップ 復元 失敗理由

 

初期設定の状態でバックアップしたら、キーチェインを引き継ぐことができないのは先に述べた通りです。しかし、iphoneユーザーの側で、キーチェインに格納された中身を引き継ぎ、データをきちんと引き継ぐ方法はあります。そう、初期設定ではないように設定すればよいのです。

 

iTunesを用いて「バックアップの暗号化」を設定するという方法を取ります。

 

まず、iTunesのデバイスのところでiphoneを選択し、概要を選びます。次に、バックアップのところで「このコンピュータにバックアップを作成」にチェックを入れます。最後に、iTunesのデバイスでiphoneを選択し、「概要」を選択します。

 

これらの作業を行った上でiTunesにバックアップを取れば、キーチェインが完全な状態でバックアップされ、暗号化鍵ごと移動するので、まともな形で復元できます。ただし、iCloudを使ったものではなく、iTunesを使った作業になります。

 

このようなバックアップを取るタイミングですが、機種変更の直前で十分などと思っていたらいけません。いつ何時、水没や故障、破損、盗難などの問題が起こるかわかりません。

 

暗号化バックアップをしていない状態でそのような問題が生じると、キーチェインが引き継げないので、大変なことになりますよ。いつでも大丈夫な状態にしておきましょう。