iphoneの電源が切れない場合の対処法

iphone 電源切れない 対処法

 

iphoneを操作していて困ることが「フリーズ」だと考える人は多いでしょう。予期せぬトラブルが発生したことが原因で、画面をタップしても何の反応もありません。電源を落とそうとしても、フリーズしている関係で電源すら落とすことができない・・・。

 

他のスマホならば電池パックを外すことで強制的に電源を落とすことが可能ですが、iphoneはそれができないのでまさにお手上げ状態です。電源が切れないときの対処法を知っておけば、いざという時に役立つこと間違いなしです。今回は、この方法について説明していきます。

 

 

電源がどうしても切れない場合…

 

iphone 電源切れない 対処法

 

iphoneがフリーズすると、何も操作ができなくなります。このときには、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押ししてみましょう。すると強制的に電源を切ることができます。これでも解決できない場合には、サポートセンターへ連絡するのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

上記の手段を使うことで、フリーズの状態でも電源を切ることができるようになります。この方法が分からないがためにフリーズしたら、充電が切れて自動的にシャットダウンするまで待つという行動をしてきた人もいるようです。

 

でも今後は問題ないですよね!しっかりと強制シャットダウンを覚えておきましょう。

 

 

電源ボタンが壊れている場合は?

 

iphone 電源切れない 対処法

 

iphoneの電源を切ろうとしたときに、問題になるのがコレです。電源ボタンが何かの拍子で壊れてしまい操作することができないというときです。この場合にはどんな方法を使えば電源を落とすことができるのでしょうか?

 

基本的に電源ボタンを長押ししないとシャットダウンすることはできません。通常であれば、電源ボタンが壊れた段階ですぐにでも修理に出して新しいiphoneと交換する行動にでるのが一般的でしょう。しかし、料金も発生しますし決して安い修理代ではありません。節約したいと考える人がいてもなんら不思議ではないものです。

 

スポンサーリンク

 

そこでiphoneであれば電源ボタンが壊れている場合でも、電源を落とすことができるようになります。その方法はとても簡単で、「アクセシビリティ」という項目をオンにするだけです。以下に詳細な設定方法を記述していきます。

 

まずiphoneをホーム画面に設定します。そして「設定」アプリを開いて「一般」選択します。一般の項目の中の2ページ目に「アクセシビリティ」という項目がありますから、そこを選択します。すると、「アクセスガイド」「assistive touch」「ホームクリック感覚」「着信」を設定することができます。今回使用するのは、「assistive touch」という項目になります。

 

デフォルトの状態ではオフになっていますので、これをオンにしてください。こうすることにより、アクセシビリティを動かすことができます。

 

iphone 電源切れない 対処法

 

では、ホームボタンを押してホーム画面に戻りましょう。ホーム画面のアプリがずらりと並んでいるところに、白くぼんやりとした「丸いマーク」を発見することができます。これをタップしてみると、「ホーム」「デバイス」などの項目が表示され、タップすると設定などをすることができます。

 

このアクセシビリティは電源ボタンやホームボタンの役割を全てタップして行うことができるというスグレモノなのです!つまりホームボタンや電源ボタンが壊れた場合でも、アクセシビリティがあれば、問題なく操作することができます。

 

iphone 電源切れない 対処法

 

電源を切りたいときには、「デバイス」をタップして「画面ロック」をタップし続けてみてください。すると「シャットダウン」という項目が表示されるので、それをタップすれば、電源を切ることができるのです。