動画をiphoneに保存するためのアプリとは?

iphone 動画 保存 アプリ

 

iphoneでは写真撮影のほかに動画の保存もできます。動画は自分で録画したものも含まれますし、ネット上で公開されているものも保存することができます。しかし、ネット上で公開されている動画を保存するには専用のアプリが必要です。

 

iphoneが無いと生活できない!という人も増えているだけに、動画の保存方法を知ることができればさらに楽しみが広がりますよね。そこで、動画を保存する方法についてご紹介していきます。

 

 

動画を保存するためのアプリ

 

iphone 動画 保存 アプリ

 

ネット上の動画を保存する時に役立つのがアプリです。iphoneの本体設定では当然のことながら、ネット上の動画を保存する機能まではついていませんから、外部の力を借りる必要があります。

 

実は、動画を保存するアプリは無数に存在しており、そのほとんどが無料で試すことができます。

 

ひとつくらいはダウンロードしてiphoneに入れていてもなんら不自由になることはありませんので、もしもの場合に備えてダウンロードしておくのが良いでしょう。

 

世間的に評価が高く人気のアプリとして知られているのが「clipbox]と呼ばれるアプリです。

 

スポンサーリンク

 

これは、動画だけではなくネット上にある様々なファイルをダウンロードすることができます。たとえば、pdfやexcel、wordなども手軽にダウンロードでき、さらにこのアプリで管理をして整理することもできます。

 

また、動画のMP4形式にも対応していますので世界最大の動画共有サイト「Youtube」の動画ファイルをダウンロードして、そのままiphoneで視聴できてしまうのです!

 

 

実際に動画を保存してみよう

 

iphone 動画 保存 アプリ

 

操作もとても簡単です。まずは「clipbox」をダウンロードして、iphoneにインストールしましょう。これは他のアプリと同じ方法になりますので、特別難しい操作は必要ありません。インストールが完了したら、アプリを起動してみましょう。

 

すると「マイコレクション」「ダウンロード」「カメラロール」という3つの項目に分かれており、各種選択をするとそれぞれの項目にまた選択が分かれていくスタイルになります。今回使用するには「ダウンロード」になりますから、タップして次にいきましょう。

 

スポンサーリンク

 

タップすると次の画面に切り替わり、ブラウザから動画のある場所まで飛ぶようになります。もちろんURLがわかっている場合には、URLから直接サイトに飛ぶこともできます。ブラウザは初期設定ではgoogleになりますが、変更することも可能です。

 

iphone 動画 保存 アプリ

 

検索なり入力をしてサイトに飛び、お目当てのファイルをタップすると「リンクを開く」「ダウンロード」という選択が表示されるようになります。ここでは保存をしますので「ダウンロード」を選択してください。その後、「マイコレクション」をタップすると、保存したファイルが入っています。

 

 

youtubeの動画を保存する方法

 

iphone 動画 保存 アプリ

 

youtubeの動画を保存する場合には、「ブラウザ」を使ってyoutubeのサイトまで飛びます。

 

その後自分が保存した動画まで行き、画面下にある「+」アイコンをタップすると、動画を保存するかどうかを聞いてきますので「Are you ok?」を選択し、「Really?」と最終確認してきますので、「Really?」をタップします。すると名前をつけてファイルに保存することができます。

 

マイコレクションに保存されますので、動画が本当に再生できるのかを確認してみましょう。

 

まずは、「clipbox」を起動して「マイコレクション」を選択します。すると今まで保存してきたファイルが並んでいますから、そこからyoutubeの動画を見つけてタップしてみてください。

 

横向きにも対応していますので、お好みにあわせて画面を操作してみるのもよいでしょう。

 

するとブラウザで見ているような感覚で、youtubeを視聴することができるのです!