iphoneで電源ボタンが故障してしまったときの対処法

iphone 電源ボタン 故障 対処法

 

iphoneでは、電源ボタンを押すことで電源を切ることができます。そのため、電源ボタンは非常に重要な役割を果たしているといっても過言ではありません。それなのに、本体の端にあるので、ぶつかったりしてボタンが潰れて故障してしまうことも多い部分です。

 

もし、iphoneの電源ボタンが故障したら修理をしなければならないのでしょうか?代わりになるボタンなどがあるのでしょうか?その点について説明していきます。

 

 

電源ボタンが故障してしまったら…

 

iphone 電源ボタン 故障 対処法

 

iphoneでかなり重要な役割を果たす電源ボタンが故障してしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

 

一番の方法は修理をすることです。もちろん有償修理になる可能性は高いですが、購入から1年以内であれば無償修理になることもあるようで、その部分に関してはサポートセンターに問い合わせるのが一番でしょう。

 

iphone 電源ボタン 故障 対処法

 

電源ボタンが故障して困るのは電源が落とせないということと、iphoneのロックをかけることができないという二つに分けることができるでしょう。

 

ロックすることができなければ、かばんやポケットに入れることもできませんから、自然とロック画面に戻るまで待たなければいけません。デフォルトであれば1分で戻るようになります。

 

スポンサーリンク

 

それをいちいち待っているのも面倒ですし、電源落とせないというのも大変ですよね。電源ボタンが故障してしまったら、iphoneの操作がかなり不便になることが理解できます。

 

 

電源ボタンの代わりになるものはあるのか?

 

iphone 電源ボタン 故障 対処法

 

電源ボタンが壊れたら修理に出すのが一番の方法だと説明しましたが、もし有償になるのであれば考えものですよね。その部分だけにお金を出すのもちょっともったいないですし、それ以外の部分は普通に動くのであれば、尚更交換をするというのは気が引けるものです。

 

電源ボタンが壊れたとしてもそれに近い働きができるようになる方法はあるのでしょうか?実は、電源ボタンやホームボタンと同じ役割を担うことができる、アイコンを登場させられるのです!その方法は「アクセシビリティ」をオンにすればよいのです。

 

スポンサーリンク

 

これをするには、まずはiphoneをホーム画面に設定させます。そこから「設定」アプリを選択し、「一般」を選び、2ページ目にある「アクセシビリティ」をタップします。

 

すると、いくつか項目が分かれているのですが、[assistive touch]を今回は使用します。デフォルトの状態ではオフになっているので、ここをまずはオンにします。

 

そしてホームボタンを押してホーム画面に戻りましょう。この[assistive touch]は画面をタッチすることが困難な場合や支援アクセサリが必要な場合にもiphoneを使用できるようになるという機能です。

 

iphone 電源ボタン 故障 対処法

 

ホーム画面を表示すると、アイコンが並んでいる場所に白くて丸いアイコンのようなものが表示されていると思います。それがアクセシビリティのアイコンになります。まずはじめにそれをタップしてみましょう。すると電源ボタンやホームボタンを押したときに選択できる、様々な設定が可能となります。

 

デバイス」をタップすると、ロックをする項目も出てきますからここから電源を切ることができます。電源ボタンが故障したとしても、その代りとなる機能をアクセシビリティで使うことができるので覚えておいて損はないでしょう。

 

 

iphoneを普通に使っていても、電源ボタンが故障してしまうことはあるでしょう。そんな時には、タップをすることで、アクセシビリティを表示してさらにタップをすることで使いやすくすることができます。この方法を知っておくことで、修理代を浮かせることができるかもしれません。