iphoneから消えた写真を復元させる方法

iphone 消えた写真 復元方法

 

旅先やレジャーの思い出として欠かせないのが写真です。それもキレイに鮮明に撮影できるデジカメは必需品とも言われています。ですが、iphoneの登場により、デジカメと同じ程度のキレイな写真が撮影できることもあり、iphoneがデジカメ代わりだという人も多いでしょう。

 

楽しい思い出の1枚はいつも大事にしておきたいものです。しかし、操作を誤ってiphoneに保存してある写真を削除してしまった・・・。これはかなりショックが大きいですし、後悔ばっかりしてしまいそうですよね。

 

写真を削除したら復元することは不可能なのでしょうか?いいえ、そんなことはありません!iphoneでは写真を復元する方法があるんです。その方法についてご紹介していきます。

 

 

フォトストリームを使って復元

 

iphone 消えた写真 復元方法

 

iphoneで撮影した写真を復元するには、フォトストリームを使う方法が一般的です。これは、事前にバックアップをしていることが前提になるのですが、面倒でそんなことしていないよーって人もいることでしょう。

 

しかし、復元するのであれば、バックアップは絶対に必要です。

 

スポンサーリンク

 

バックアップが面倒だと感じている人は、「自動バックアップ」をすることをオススメします。

 

その方法は、icloudを起動してフォトストリームをオンにしておくことが重要です。これは、iphoneの本体操作ですることができます。復元をする前に、iphoneの状態を復元できるところまでもっていきます。

 

 

icloudを通じてバックアップしよう

 

iphone 消えた写真 復元方法

 

まずは、iphoneをホーム画面にします。そして[設定]アプリをタップして起動させ、メニュー画面から[icloud]をタップして各種設定ができる画面にまでもってきます。

 

icloudのメニュー内に「写真」と書かれた部分がありますから、それを選択してから「自分のフォトストリーム」という項目をオンにします。これで、icloudを通じてバックアップをする態勢が整いました。

 

スポンサーリンク

 

後は自然とicloudのほうへバックアップがスタートする・・・と思いきや、もうひとつ大事な作業があります。それは「Wi-Fiに接続できている」ことが条件です。

 

フォトストリームが起動して自動的にバックアップをしてくれるようになるには、Wi-Fiが接続されていることが条件になりますので、Wi-Fiを必ずセットしておくようにしましょう。

 

iphone 消えた写真 復元方法

 

「そもそもicloud」って何だ?と思っている人もいることでしょう。icloudはインターネット上にスペースを貰い、そこにipohoneのデータを保存することができるサービスです。

 

インターネット上にあるので、違うパソコンからもデータのやり取りが可能なので、重宝されています。

 

 

実際に写真を復元してみよう

 

iphone 消えた写真 復元方法

 

さて、事前準備が出来たところで、フォトストリームを使って写真の復元をしてみたいと思います。

 

1枚の写真を誤って削除したとします。そこからの復元方法は、まずiphoneの写真アプリの「自分のフォトストリーム」をタップします。画面が切り替わったら、「自分のフォトストリーム」の右上にある「選択」をタップして、復元した写真を選びます。

 

上記でもお伝えしたとおり、フォトストリーム内にはWi-Fiで接続されたときにバックアップしたファイルがそのまま残っています。そのため、iphone内で消してしまった写真も、しっかりと残っているのです。

 

そのため、フォトストリーム内では自分が欲しいと思っている写真を探す必要があります。まだ、バックアップをしていない写真に関しては当然復元することができないことを確認しておきましょう。

 

あくまでも、復元は元ファイルが存在していることがあって初めてできることです。

 

さて、フォトストリーム内から復元したい写真が見つかった場合には、画面の左下にある「共有」アイコンをタップしてから、「カメラロールに保存」を選択します。すると、iphoneのカメラロール内に消したはずの写真が復元しています!