iphoneをアップデートする方法と中断する方法

iphone アップデート 方法 中断

 

現在日本でのiphoneユーザー数は5100万人以上。日本では諸外国と違い、iphoneユーザーがAndoroidユーザーを上回っています。その割合はスマホユーザーの約7割。

 

圧倒的な人気を誇るiphoneです。iphoneの魅力は、説明書がなくても操作しやすく、自分なりのカスタマイズもしやすい点です。

 

しかし、その分、いざソフトやアプリをアップデートしようとしたとき、その方法がわからないという声が多いのも事実です。

 

 

iOSのアップデート方法

 

iphone アップデート 方法 中断

 

データのバックアップ、写真や動画等のパソコンへのコピー、連絡先やブックマークの同期を行ってから、アップデートを始めます。

 

方法としては2種類。パソコンを使用して行う方法とWi-Fiを経由して行う方法があります。パソコンを使用する場合は、まずiTunesが最新バージョンかどうかを確認します。

 

最新バージョンでなかったら、先にiTunesを最新バージョンにし、iTunesの「自動同期」を停止してからiphoneをパソコンにつなぎます。つないだときにポップアップ画面が出てきた場合には、キャンセルを選びます。

 

スポンサーリンク

 

iphoneとパソコンの同期が完了する前にアップデートが始まると、バックアップが作成されないからです。iphone内のデータをパソコンに保存したら、iTunesの「概要」を開き、「更新」ボタンを押します。

 

後はガイドに沿って次へ、同意するなどのボタンを押していけばアップデートが始まります。Wi-Fi経由で行う場合は、Wi-Fiを接続した状態で、ホーム画面の「設定」を選び、「一般」のところの「ソフトウェアアップデート」をタップします。

 

「ダウンロードしてインストール」を選び、利用条件に同意するとアップデートが始まります。Wi-Fiが不安定な場合には、ネットワーク設定をリセットして、Wi-Fi設定をし直すとよいでしょう。

 

 

アプリの自動アップデートを停止する方法

 

iphone アップデート 方法 中断

 

アプリの自動アップデートがオンになっていると、使っているアプリの新バージョンが出る度、勝手にアップデートされるので便利なように感じます。しかし、便利な反面、不具合のために取り返しのつかないことになることもあるので注意が必要です。

 

人気アプリでも新バージョンのアップデートで不具合が起きる事例がありました。そんな事態を避けるためにも、不具合の目立つアプリに関しては、アップデートの前にWEB等で不具合の報告がないかチェックする必要があります。

 

スポンサーリンク

 

そのためには、自動アップデートを停止するという方法を選んでおくと無難です。自動アップデートを停止する方法はとても簡単。

 

設定のところのiTunes&App Storeをタップしたら、「自動ダウンロード」の「アップデート」をオフにするだけです。

 

自動でアップデートされないのは面倒かもしれませんが、不具合のために操作できなくなる方がこうむる不利益が大きいはずです。必要に応じて自己防衛する方法も考えましょう。

 

 

アップデートを途中で中止するには?

 

iphone アップデート 方法 中断

 

自分の意思でアップデートのボタンをタップしたときはよいのですが、アップデートボタンに触れたために、勝手にアップデートが始まってしまうと困ります。特に、時間がないのに、長い時間を要する大がかりなアップデートが始まってしまった場合など、何とかしたいものです。

 

その場合は、アップデートを中断するという方法を取りましょう。別に一度中断させても、後でアップデートすることは可能です。

 

中断方法はとても簡単。アップデート中のアプリのところに表示されている■のアイコンをタップするだけです。

 

アップデートがなかなか終わらずとりあえず一回終わらせたい、アップデートが何らかの不具合のせいで途中で止まっている、などというときにも、中断方法を知っていると便利です。

 

時間をおいてから再度行うとスムーズにアップデートできる場合がありますから、ぜひこの方法を試してみてください。