iphoneで撮影した写真の日付を確認する2つの方法とは

iphone 写真 日付 確認方法

 

iphoneは画質がとてもキレイということで、デジカメ代わりに使う人も多いことでしょう。プライベートで撮影した写真を簡単にSNSにアップロードすることができるので、コミュニケーション手段として写真は欠かせない道具でもありますね。

 

iphoneで写真を撮影する頻度が高い人もいますが、iphoneにはちょっとした不便な点があります。それは「写真の撮影日が確認できない!」というものです。iphoneでは撮影日を確認することが最初からついている写真アプリではできないのです。

 

では、iphoneで撮影した写真の日付を確認するにはどうしたら良いのでしょうか?今回はその方法について説明していきます。

 

 

アプリを使って撮影した日時を把握しよう

 

iphone 写真 日付 確認方法

 

iphoneで写真の撮影日時を確認するには外部からの力を借りる必要があります。それが「アプリ」です。

 

ほとんどのスマホは、無駄な機能を省いたシンプルな形で所有者の手に渡ります。そこから、自分が欲しいと思った機能をアプリとしてインストールするのが基本的な形になってきています。

 

撮影日時を確認するのにも、本体には付いていない設定ですからアプリは当然のことながら必要です。

 

アプリといっても、撮影した日時を確認するものは結構な数があり、どれを選らんでもよいとされていますが、多くの人に支持があるのが「photocal」というアプリになります。

 

スポンサーリンク

 

iphone内の写真を自動整理してくれるというのが主な役割になるアプリですが、このアプリを利用することで、撮影した日付を表示してくれます。

 

まずは、「photocal」をiTunes storeからダウンロードして、アプリとしてiphoneに登録をしましょう。

 

そしてアプリを起動すると、保存されている写真にあわせてメニューが表示されるようになります。

 

「旅行」や「自分のフォトストリー」など目的に合わせて選ぶことができるのですが、今回は「カメラロール」を選択します。すると、iphoneに保存されている写真がズラリと並ぶようになります。

 

iphone 写真 日付 確認方法

 

どれでもよいので1枚タップしてみてください。

 

すると、撮影された写真が画面に表示されるようになるのですが、このアプリから表示させると画面の右下に通常の「カメラ」アプリでは表示されないある現象が発生します。それこそが、撮影した日付と時間になるのです!

 

つまり、iphoneでは表示されていない撮影日時や時間はしっかりとデータとしては残されているので、このアプリを使うことで、何時ごろに撮影されたものなのかを瞬時に把握することができます。

 

 

パソコンを使って撮影した日時を確認する

 

iphone 写真 日付 確認方法

 

iphoneのアプリを使わずとも、撮影した日時を確かめる方法があります。それがパソコンです。まずは、パソコンとiphoneをUSBで接続させましょう。

 

接続ができたら、一旦iphoneの操作は終了になりますので、そのまま置いてパソコンの操作に集中します。

 

スポンサーリンク

 

まずは[スタートメニュー]から[コンピューター]をクリックして、画面を切り替えます。そこには[ポータルサイト]欄に[iphone]と書かれたアイコンが表示されていますので、ダブルクリックをしてiphoneの中身をパソコンから確認できるようにします。

 

iphone 写真 日付 確認方法

 

ダブルクリックしてiphoneの中身を開くと様々なファイルが登場してきますが、慌てることはありません。必要になってくるのは[DCIM]と呼ばれるファイルになります。

 

この中に、iphoneで撮影された画像一覧が保存されていますので、このファイルをパソコンから開いてあげます。開くにはダブルクリックです。

 

開くと、撮影した写真がずらりと並んでいます。これだけではいつ撮影されたのか分からないので、任意の写真を1回だけクリックしてみてください。するとその写真が「選択モード」に指定されて選択状態になります。

 

その状態で画面下の「詳細バー」を見てみましょう。すると、そこには撮影された日時が表示されているハズです。