iphone・画面メモを簡単に残す方法

iphone 画面メモ 残す方法

 

ガラケーでは当たり前のように画面メモを使っていたものです。しかし、iphoneには残念ながらその機能がありません。

 

スクリーンショットを使って撮影するというのもひとつありますが、バージョンアップしてからは、音がデカくなったので電車内などで使うことが難しくなりました。

 

そこで登場したのがアプリです。画面メモを残すことができるアプリと、そんなアプリがなくても画面メモを残すことができる方法をご紹介します。

 

 

アプリを使って画面メモしよう

 

iphone 画面メモ 残す方法

 

iphoneをはじめとするスマホは、基本的な性能は買った当初からついていますが、それ以外の便利な機能はアプリをインストールすることで使うことができます。自分らしいスマホを作り出すことができるのが特徴なので、ほとんどをアプリをインストールして使うことにになります。

 

ガラケーを使い慣れていた人々は当初のこの操作性に不満を覚えていましたが、使い慣れてくればむしろ無駄な機能がついていない分、操作がとても楽になったと感じる人が増えてきています。

 

冒頭からお伝えしているとおり、iphoneでは画面メモという機能が最初からついていませんので、「画面メモ」というアプリをインストールする必要があります。

 

スポンサーリンク

 

アプリ名がそのままなので、「アップルストア」から簡単に探すことができるでしょう。そして使い方に関しても徹底的に面倒を省いているのでとても楽に使うことができるのも魅力です。では、さっそく使い方に関して説明していきます。

 

まず、アプリを起動しましょう。そしてネット検索ページを開くと、画面の上に「画面メモ」アプリ用の検索バーが表示されていますので、そこにサイト名やURLを入力していきます。

 

そして検索をタップすると、該当するページが表示されます。通常であれば、そこからページを確認するだけになりますが、「画面メモ」にURLなどを入力して表示させた場合には、画面右下に[このページを保存する]という文が表示されていますので、そこをタップします。

 

iphone 画面メモ 残す方法

 

すると保存が完成します。本当に保存できているか確認するには、[このページを保存する]の左側にある[確認]アイコンをタップします。

 

すると画面が切り替わり「画面メモ一覧」というページが表示され、今までに保存した画面メモリストを参照することができ、見たいものを選択するだけで、瞬時に保存を開くことができます。

 

スクリーンショットでは、画面の一部分しか保存することはできませんが、「画面メモ」アプリを使えば全画面を保存することができるのでとても便利です。そして、画面メモ100件までは無料で保存できるというから素晴らしいですよね。

 

そこまで保存しない人にとっては、無料でここまで出来るのだから嬉しいものです。

 

 

アプリを使わずに画面メモを取る方法

 

iphone 画面メモ 残す方法

 

iphoneではアプリを使わずに画面メモのような機能を使うことができます。それが「スクリーンショット」です。

 

冒頭にも説明したものですが、周囲に人がいるような状況でなければ、アプリをインストールする必要もなく、サイトで表示されている画面を保存することができます。

 

スポンサーリンク

 

方法はいたって簡単で、「ホーム」ボタンを押しながら、「電源ボタン」を押すだけです。たったこの作業だけで、画面メモをすることができるようになります。

 

ページ全てではなく、あくまでも画面に写っている情報だけを保存するので、その部分では不便と感じるかもしれませんが、表示されているところ以外は保存されていないという機能性の高さが良いと評判です。

 

iphone 画面メモ 残す方法

 

使いやすいということもあり、スクリーンショットが手放せないという人も多いほどで、様々な場面で使うことができます。もちろん電波が届かない場所でも、画面メモなので確認することが可能ですし、再検索の手間もありません。