iphoneでバッテリーがあるのに電源が落ちるバグについて

iphone 電源 落ちる バグ

 

iphoneをはじめとするスマホは精密機器です。持ち運びに便利ですし、防水加工も施されていることが多いのでちょっとした衝撃などでは故障することはありませんが、それでもやはり衝撃には弱い設定になっています。

 

そのため、頻繁に故障したり電源が何もしていないのに落ちるなんてこともしょっちゅうあることでしょう。iphoneで電源がバッテリーが残っているのにも関らず落ちるのは何故なのでしょうか?

 

 

電源が落ちる理由とは?

 

iphone 電源 落ちる バグ

 

充電が無くなれば、iphoneは当然ながら操作を続行することができないので電源が落ちます。これは他のスマホでも何でも同じ理屈になるでしょう。しかし、充電は残り30%くらいあるのに、電源が急に落ちるというのはあまり理解することができないのではないでしょうか?

 

いくら何でもまだ残量には余裕があります。こうしたときに考えられるのが「バッテリーの劣化」です。バッテリーは何度も充電を繰り返すことで劣化していきます。そのスピードは使用環境によって一概には言えませんが、それでも少しずつはどうしても劣化現象は起こってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

充電に余裕があるのに電源が落ちることを「クラッシュ」と呼ばれているのですが、バッテリーが劣化することでクラッシュが起きる確率は高くなるようです。

 

充電されていたとしても、バッテリーが誤作動を引き起こし「もう電源が無いから終了しよう」という信号が送られます。それに反応するかのようにクラッシュが発生するのだと考えられています。

 

 

iOS7では一時期バグが発見されていた

 

iphone 電源 落ちる バグ

 

iOS7では一時期ですが、バグとして電源が落ちる現象が報告されていました。これは、充電がまだ30%くらいあるのに急に電源が落ちるという現象です。購入してすぐの人もいたようどえすから、バッテリーの劣化ということは考えられません。そうすると残された考え方といえば「バグ」ということになります。

 

スポンサーリンク

 

iOS7のバグに関しては、Appleも多くの利用者からのクレームで気付き大慌てで修正を行いましたので、現在では電源がまだ30%でも電源が落ちるようなことなくなりました。

 

この場合はバッテリーに関しては交換しなければならないほど磨耗が激しい場合にのみ有償で交換できるようで、バグが原因としてバッテリー交換というのはしていなかったようです。このバグは、アップデートで修正されました。

 

 

バッテリーを使い切ると起こらない?

 

iphone 電源 落ちる バグ

 

バッテリーの劣化という見方が、クラッシュを引き起こす結果になるといわれていますが、それ以外にももちろん可能性はあります。それが、充電を使い切らずに使い続けるとクラッシュする可能性が高くなるというものです。

 

バッテリー内部が常に充電で満たされている状態では、劣化が早くなるばかりか動きが遅くなる可能性があるようです。そのため対処法としてガラケーの時代から言われていたのが、フル充電をして、残量が0になるまで使い切る!というものです。完全放電まですると、クラッシュが治り、iphoneの動きすら改善されるようです。

 

iphone 電源 落ちる バグ

 

iphoneはフリーズしてしまうと、電池パックを外すことができないのでシャットダウンをすることが通常の方法ではできなくなります。電源ボタンと、ホームボタンを長押しすることで強制シャットダウンできるのですが、フリーズやクラッシュが頻繁に発生するようでは、iphoneが生活の一部だと考えている人にとっては大変な状況でもありますね。

 

クラッシュを防ぐには、バッテリーが早く劣化しないような対策を常に心がけることです。一番は、完全放電をしてから、満タンにまで充電をして繰り返し使うこと。こうしておけば、バッテリーは比較的長持ちするのです。