iphone・パスコードを忘れた時の対処法

iphone パスコード 忘れた 対処法

 

iphone5SからiOSの指紋認証機能としてTouch IDが導入されました。そのため、普段の認証はTouch IDを使えばいいからと、パスコードをあまり重要だと思わなくなった人もいるかもしれません。

 

しかし、iOSをアップデートした際など、iphoneは自動的に再起動してしまいます。

 

再起動の後はロック解除が必要になるのに、この時の解除はTouch IDではできず、パスコードの入力が必要になるんですよね。パスコード自体が必要なくなったわけではありません。

 

「じゃあ、忘れたとき困らないように、iphoneのパスコードは思い出しやすい数字にしてしまえ!」なんて考えてはいけませんよ。思い出しやすい数字は、他の人からも類推されやすい数字なんです。

 

 

思い出しやすい数字にしていませんか?

 

iphone パスコード 忘れた 対処法

 

iphoneのパスコードを、忘れた時思い出しやすいように、覚えやすさや解除しやすさを重視した数字で設定していませんか?

 

パスコードのそもそもの意味を考えてみてください。セキュリティのためですよね?

 

他人から類推されにくい、解除しにくい数字にしなければ、大事な個人情報を守ることはできないのです。それなのに、パスコードを決めるときは、忘れたりしないように、覚えやすい数字やキー操作しやすい数字にしてしまいがちです。

 

iphone パスコード 忘れた 対処法

 

あるアプリ研究者が発表した使われがちなパスコードの上位5つは1234、0000、2580、1111、5555でした。数字の順押し、4ケタのぞろ目、2580は、キー配列順に押したものですね。

 

このような数字をパスコードとして使っているのでは、他人が数回チャレンジしたらそれだけでセキュリティを突破してしまいそうです。

 

スポンサーリンク

 

もしパスコードを突破されてしまったら、登録してあるクレジットカードの情報やいろいろなサイトで使っているパスワードまで、ありとあらゆる個人情報が丸わかりになってしまいます。

 

セキュリティのために重要な役割を果たすパスコードは、忘れた時メインに考えて設定してはいけません。

 

 

パスコードを忘れたときに注意すること

 

iphone パスコード 忘れた 対処法

 

これまでのところで、「iphoneのパスコードはセキュリティ重視で設定すべき」ということは理解できたでしょうか?これでもまだ、「あまり覚えにくいパスコードにしてしまうと忘れたとき困る」という人がいるかもしれませんね。

 

確かに、誤ったパスコードを繰り返し入力すると、6回目からは一定時間iphoneを使えなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

6回ミスで1分間、7回で5分間、8回で15分間と増え、9回、10回で60分使えなくなり、11回以上ミスした場合は、iTunesに接続しない限り使えなくなってしまうのですから、忘れたときのことを心配するのも無理はありません。

 

それならば、万が一に備えてパスコードを忘れたときの対処法を知っておくというのはどうでしょうか?

 

 

パスコードを忘れたときの対処法

 

iphone パスコード 忘れた 対処法

 

まずは、iTunesを利用する方法から紹介しましょう。iTunesと同期しているiphoneの場合は、iTunesを使って復元することが可能です。

 

手順としては、普段同期に使っているパソコンにiphoneを接続し、iTunesを起動します。すると、自動的にiTunesとiphoneが同期されるので、終了したところでiphoneの復元をします。

 

iOSの設定画面から「iTunesバックアップからの復元」を選び、iTunesでiphoneを選んで最新のバックアップを選択したら元に戻せます。

 

もし、「iphoneを探す」を有効にしている場合は、この機能を使って、iphoneのデータを消去することができます。

 

iCloudで「iphoneを探す」が有効になっていることを確認したら、ブラウザから「すべてのデバイス」をクリックし、iphoneの消去を選ぶと、データと共にパスコードが消去されます。その後、設定アシスタントを使って、iphoneの最新バックアップを復元すればOKです。

 

リカバリーモードを用いる方法もありますが、iTunesでiphoneの同期をしたことがなかったり「iphoneを探す」を設定していなかったりしたときの最終手段です。

 

パスコードを忘れたときに備えてセキュリティ上問題のあるパスコードを設定してしまうより、普段からiTunesかiCloudでバックアップをこまめに取っておくことを考えましょう。