海外旅行でiphoneを使うときのオススメ設定とは?

iphone 海外旅行 オススメ設定

 

「海外旅行に行くときiphoneならどこでも使えて便利」なんて思っていませんか?ところが、実はそうでもないんですよ。

 

日本ではとっても便利なiphoneなんですが、日本で売られているiphoneにはSIMロックがかかっていますからね。そのため、全世界で使えるはずのiphone本来の周波数を活かすことができないんです。

 

 

「海外パケットし放題」で使う場合

 

iphone 海外旅行 オススメ設定

 

海外旅行先で日本にいるときと同様の通信をしたければ、有料で「海外パケットし放題」などのプランを申し込む必要があります。数日間の海外旅行に1,980円または2,980円払うのを安いと考えられれば、この方法が一番楽ですね。

 

でも、現地に到着したら、現地の対象事業者を選んで、手動で設定する必要があります。もし、自動で対象外の事業者に接続されてしまうと、高額な通信料を払う羽目になってしまいますから注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行の際には、日本を出発する前にきちんとデータローミングをオフに設定しておくことが大事です。

 

更に、海外旅行先での対象事業者を事前に調べておくことも必要になります。キャリアの自動設定もオフにしておけば勝手に選択される心配がなくなり安心です。

 

現地でキャリアの設定が終わったら、データローミングをオンにすることも忘れずに。出発前にオフにして、到着時に自動で通信事業者が選択されるのを防いでいるので、ここでオンに設定し直さないと通信自体ができず、プランを申し込んだ意味がありません。気をつけましょう。

 

 

Wi-Fiを使って通信するための設定

 

iphone 海外旅行 オススメ設定

 

「海外旅行に行くだけでもお金がかかるんだから、余分なお金はかけたくない」と言うのなら、別によい方法があります。Wi-Fiを使って通信するんです。それなら無料です。

 

まず、日本にいるうちにやっておくことは、「海外パケットし放題」の時と同じ。海外旅行先での安い通信事業者を確認しておくことと、データローミングの設定をオフにしておくことの2点です。

 

スポンサーリンク

 

データローミングの設定がオフにさえなっていれば、MMSもインターネットもできないわけですから、高額な請求は来ないのです。この時点で海外旅行先での通信料金は0円ということになります。

 

海外旅行先に到着後、電源を入れたらiphoneは自動的に現地の電波をとらえてSMSを受け取ります。

 

そのため、iphoneが勝手に通信を行ったと勘違いされがちですが、何も設定しないでiphoneの電源を入れただけであれば、単に電話とSMSができる状態になったというだけで、データ通信はできない状態です。SMSの受診には料金がかからないので心配要りません。

 

iphone 海外旅行 オススメ設定

 

この時に、事前に調べておいた海外パケットし放題の対象業者であるかどうかの確認をします。違っていたら選んでつなぎ直します。

 

海外旅行先での電話の接続業者の設定が正しくできたら、時間が正しく切り替わっているか確認して、もし切り替わっていない場合は正しく設定し直します。

 

「設定」から「一般」「日付と時刻」とタップして都市名を選択すると、現地時間になるはずです。

 

次にWi-Fiのある場所でWi-Fiをオンにします。これで、Wi-Fi接続でインターネットやメールを無料で行うことができるようになります。

 

 

機内モードでもWi-Fiは使える

 

iphone 海外旅行 オススメ設定

 

もし、通話もデータ通信も絶対にしないというのであれば「機内モード」の設定しておくのも手です。「設定」から「一般」「機内モード」とタップしてオンにするだけです。

 

このモードに設定してしまうと、電話もデータ通信もできなくなりますが、Wi-FiをオンにしておけばWi-Fi経由で通信できます。

 

とは言っても、この方法に頼ると、いざと言うとき電話ができないため、日本との間や、日本人の同行者との間でいざと言うときの連絡も取れなくなります。SMSも受信できなくなります。

 

よく、海外旅行先では機内モードでWi-Fiを使うのが良いというような書き方がされているのを見かけますが、それでは万が一の時に困ることになるので、先に記したWi-Fiの使い方を参考にしてみてください。