解除しやすく他人にばれにくいiphoneのパスコードとは?

iphone パスコード 他人にばれにくい

 

iphoneを使っていると、画面ロックの解除が必要になることがあります。そのとき、パスコードとして設定されているのが4ケタの数字だと、画面ロックを解除する指の運びで他人にばれてしまうことがあります。

 

もちろん、iphone5SからはiOSの指紋認証機能「Touch ID」が導入されたので、普段はTouch IDを使っているという人もいるでしょう。

 

しかし、再起動がかかった後の認証はパスコード入力が必要ですから、セキュリティとして脆弱であることには違いありません。

 

せっかくですから、他人から見破られにくい、それでいて解除が楽なパスコードに変更してみましょう。

 

 

一般的に多いパスコードとは?

 

iphone パスコード 他人にばれにくい

 

多くの人が、iphoneのパスコードは「簡単なパスコード」で4ケタの数字を選んで設定していることでしょう。しかも、忘れないこと、解除の時操作しやすいことをメインに数字を選んでいるはずです。

 

そのため、周囲にもiphoneのパスコードは4ケタの数字だろうと思っている人がたくさんいます。

 

ですから、もし、他人が悪意であなたのiphoneの中身を盗み見てやろうと考えた時、同じ数字のぞろ目や並び順、誕生日や車のナンバー、キー操作しやすい番号等、何度か試しているとロックが解除されてしまうことになるのです。

 

スポンサーリンク

 

iphoneのパスコードは、6回以上入力をミスすると一定時間ロック解除できなくなりますが、それでも10回までは使えない時間が長くなるだけで、チャレンジするチャンスはあるということになります。

 

手の動きで類推されていたら、10回以内で解除されてしまう確率は上がりますから、他人にばれにくいパスコードを設定しておきたいですね。

 

 

他人にばれにくく自分は解除しやすいパスコードとは?

 

iphone パスコード 他人にばれにくい

 

パスコードはセキュリティのために設定するものです。ですから、4ケタと決まっている「簡単なパスコード」を設定してしまう時点で既に間違っていると言えます。他人が4ケタと思っているのであれば、まずは桁数を変えることを考えましょう。

 

実は、iphoneのパスコードの設定方法は2種類あります。多くの人が「パスコードは4ケタ」と思い込んでいるのは、「簡単なパスコード」で設定しているためです。

 

「簡単ではないパスコード」で設定しましょう。「設定」から「一般」「Touch IDとパスコード」とタップして通常使っているパスコードを入力し、設定画面を出します。

 

iphone パスコード 他人にばれにくい

 

「簡単なパスコード」をオフすると「簡単ではないパスコード」を設定できるようになります。桁数を自由に設定できるだけでなく、フルキーボードで設定するため、数字以外の文字も使えるようになります。

 

iphoneのフルキーボードはキーが小さいので、指の動きでどのキーを選んだかもばれにくくなるので一石二鳥です。

 

スポンサーリンク

 

とは言っても、「簡単ではないパスコード」なんて、あまり長くなると覚えられないし、解除するときめんどくさいと思うかもしれませんね。

 

でも、考えてみてください。要は他人に何桁で設定したかばれなければよいのです。大げさなことを言えば、1桁だってよいのですよ。

 

 

特殊文字を使うこと

 

iphone パスコード 他人にばれにくい

 

さすがに1桁で設定するなら、数字1つでは危険ですから、他の文字を考えましょう。アルファベットなら26文字ありますから、数字を1つ入力するよりはマシですが、それでよりも更に効果的な文字があります。特殊文字です。

 

iphoneのフルキーボードでは特殊文字が使えます。アルファベットの長押しで特殊文字の入力ができるのです。「a」の長押しだけでも、9種類の特殊文字が出てきます。

 

特殊文字の入力方法を知っている人は意外と少なく、しかもa・c・e・i・n・o・s・u・y・zの10文字にそれぞれ特殊文字がありますから、指の動きを見られてもめったなことではばれません。

 

このように、特殊文字を使えば、たった1文字でも他人にばれにくく自分は解除しやすいパスコードになるのです。もし2文字か3文字で設定すれば無敵のパスコードになりますよ。試してみてください。