iphoneの容量を圧迫する余分なアプリを見つけて削除しよう

iphone 余分なアプリ 削除

 

普段使わないアプリのせいで、気が付いたら、iphoneの空き容量がほとんどなかったなどという経験はありませんか?

 

LINEのスタンプをもらうため、お店のクーポンをもらうためなんて言いながら、どんどんダウンロードしていったらすごい数になったなんて人もいるはず。

 

そんなときは、余分なアプリを削除するに限ります。容量の問題だけでなく、その方がバッテリーも長持ちしますよ。

 

 

余分なアプリを削除しよう

 

iphone 余分なアプリ 削除

 

iphoneのアプリと一口に言っても、もともとインストールされている標準アプリは残念ながら削除できません。要らないものもあるかもしれませんが、そこは仕方ないとあきらめてください。

 

ここで余分なアプリと言っているのは、「ついついダウンロードしてしまったけど、結局あんまり使わない」とか「便利だと思ってダウンロードしたけど、使ってみたらイマイチ使い勝手が悪かった」とかいうアプリのことです。

 

スポンサーリンク

 

削除の仕方はいたって簡単。削除したいアプリを長押ししていると、アイコンがブルブル揺れ始め、アプリのアイコンの上にバツ印が表示されますから、それをタップします。

 

すると、削除の文字が出てくるので、それをタップすればアプリの削除完了です。

 

 

容量の多いアプリを見つけよう

 

iphone 余分なアプリ 削除

 

普段使っていないアプリがどれほどの容量を占めてしまっているか、ほとんど把握していないという人が多いのではないでしょうか。容量さえ把握できたら、邪魔なアプリを整理しやすくなると思いませんか?

 

どのアプリがどれくらいの容量を占めているかがわかれば、本当に必要かどうかをおそらく考えますからね。

 

それぞれのアプリが占めている容量を確認しながらアプリを削除する方法は次の通り。まず、「設定」から「一般」「使用状況」の順にタップします。すると、ストレージのところにしばらくするとインストール済みのアプリ一覧が表示されます。

 

この一覧の右側に出てくるのがそれぞれのアプリが占めている容量です。その容量をよく見て、本当に必要かどうかを考えましょう。その結果、削除した方が良いと思ったものをタップします。

 

iphone 余分なアプリ 削除

 

「Appを削除」を選択すると、iCloud上の容量も表示され、再度削除するかどうか確認されますので、本当に要らないと思ったら削除しましょう。

 

容量さえ確認できれば、実際にアプリを削除するのは、ホーム画面でそれぞれのアプリを長押しして削除した方が早いです。まとめて削除するときは、ホーム画面に戻ってから削除しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ただし、この時考えなければならないのは、アプリ自体は再インストールすることができても、一度削除するとデータは消えてなくなってしまうということ。

 

そこだけは注意しましょう。とはいえ、容量の大きなアプリを削除すると空き容量は確実に増えますから、悩みどころですね。

 

 

勝手にアプリが削除されるケースも…

 

iphone 余分なアプリ 削除

 

要らないアプリを削除するのとは逆に、必要なアプリが勝手に削除されて困ったという経験をしている人も少なくないようです。経験のない人はまさかと思うでしょう。

 

アイコンを長押ししないと削除できないし、削除していいか確認されるんだから、そんなことないだろうと。

 

ところが、バッグの中、ポケットの中、電話中に耳に当てているiphoneを想像してみてください。長押しして、再度確認された「削除」まで押してしまうことが実際にあるんです。

 

ですから、絶対に消えたら困るアプリがあるという人は、対策をしておきましょう。

 

まず、「設定」から「一般」「機能制限」とタップしていきます。「機能制限を設定」を選んだら、機能制限のためのパスコードを入力します。

 

パスコードを入力したら、「Appの削除」をオフにして完了です。こうしておけば、長押ししてもブルブル振動するだけでバツ印は出ません。

 

もちろん、自分の意思でアプリを削除したいときは、設定した機能制限を解除するか、使用状況のところでストレージにインストール済みアプリの一覧を出せば削除できますよ。