iphone・電池残量の表示がおかしいと感じた時の対処法

iphone 電池残量 表示 対処法

 

iphoneの電池残量表示がおかしいという話はよく聞かれます。

 

フル充電したにも関わらず1時間ほどで20%を切ってしまったとか、表示の上では電池残量が十分あるにもかかわらず、突然電源が落ちてしまったなどという書き込みがネット上にも数多く見られます。

 

このようなiphoneの電池残量に関わる問題ですが、本当にバッテリー自体が劣化している場合と表示にずれが生じているだけの場合の2パターンが存在します。ですから、どちらであるかをきちんと見極めて対処することが必要です。

 

 

電池残量を%表示にする

 

iphone 電池残量 表示 対処法

 

まずは、電池残量を%表示にするところから話をします。iphoneの場合、初期設定の状態では電池のアイコンがでて、それが使用状況に応じて欠けていくだけですから、どのくらい減ったかがよくわかりません。

 

ですから%表示にしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

設定は簡単です。「設定」から「一般」「使用状況」とタップして、「バッテリー残量(%)」のところをオンにしてやるだけです。

 

そうすることで画面右上にある電池残量のアイコンの横に残量が%で表示されるようになります。

 

 

iphoneの電池残量表示がおかしいと感じたら

 

iphone 電池残量 表示 対処法

 

iphoneユーザーの中では、以前iOS7にアップデートしたときに「電池残量があるにも関わらず突然電源が落ちる」という書き込みが多くみられました。

 

この時はまだiphone5や5Sが発売されて間もない時期でしたから、電池の劣化ということは考えにくく、iOSの不具合なのでは?という騒ぎになりました。

 

本来の充電量に達する前にiphoneが自動的に充電完了と判断して、途中で充電をやめてしまっているのでは?いう話です。

 

フル充電じゃないのに100%と表示されるせいで、まだ電池残量がある状態で電源が落ちるのではないかというのが大半の意見でした。

 

スポンサーリンク

 

この現象をOSの電源管理の不具合と見ている人もいましたが、実際はiphoneのバッテリーとして採用されているリチウムイオンバッテリーの特性によるものと考えられます。リチウムオンバッテリーにはチップが内蔵されており、その誤認識である可能性が高いということです。

 

iphone 電池残量 表示 対処法

 

リチウムイオンバッテリーは継ぎ足し充電に強い設定にはなっていますが、ほとんど電池残量が減っていない時点で繰り返し継ぎ足し充電をして、フル充電後にも長時間コンセントをつなぎっぱなしにしていると、100%の充電量を誤認識して、90%や80%でフル充電とカウントするようになっていくようになるのです。

 

リチウムイオンバッテリーは、充電できるトータル回数が決まっていますから、この状態で使い続けるのはバッテリーを劣化させるだけでなく、交換時期も早めてしまうため、正しい電池残量表示に直してやる必要があります。そのために行うのがバッテリーのリフレッシュです。

 

 

バッテリーをリフレッシュさせよう

 

iphone 電池残量 表示 対処法

 

iphoneの電池表示がおかしいと感じたら、バッテリーのリフレッシュをしてみましょう。「バッテリー儀式」と呼ぶ人もいるくらい、効き目を期待して行っている人が多い方法です。

 

やり方としては、まず、普通に100%になるまで充電し、そのままコンセントをつないだまま2時間ほど充電し続けます。

 

100%ですぐに充電を止めてしまうと、本当の100%の値になっていない可能性があるので、この場合は充電させ続けます。

 

次に、コンセントを外して、充電を電池残量表示が0になるまで完全に使い切ります。動画などを画面の明るさを最高にしてリピートで再生していたらあっという間に終わります。

 

完全に放電させた後、5時間程度そのまま放置し続けます。その後、再びフル充電してやると、正確な100%の値でリチウムイオンバッテリーが電池残量を認識するという流れです。

 

ただし、この方法は頻繁にやると、逆にiphoneのリチウムイオンバッテリーを極度に劣化させてしまいますから、1か月に1度程度に留めておく必要があります。

 

このリフレッシュを試してみても、正確な電池残量の表示がされないのであれば、バッテリーの劣化を疑って、交換を依頼した方がよいでしょう。