子どもに持たせるiphone・機能制限やパスコードについて

iphone 機能制限 パスコード

 

子どもにiphoneを持たせる場合、機能制限をかけたいと考えるお父さん、お母さんは多いことでしょう。アプリにはそれぞれレーティングがされているので、そのレーティングに合わせて制限をかけたり、特定のサイトを見られないように制限したりすることができます。

 

機能制限をかけるときは、「設定」から「一般」へと進み「機能制限」をオンにします。その時、「機能制限の設定」を選ぶと「機能制限パスコード」の入力画面が出てくるので、そこで4ケタの数字を入力します。

 

 

子どもに持たせる場合は機能制限を活用しよう

 

iphone 機能制限 パスコード

 

子どもに使わせるiphoneの機能制限は、各家庭で範囲を決めて設定すべきでしょう。基本的には、年齢不相応な機能の制限とフィルタリング、そして位置情報の把握と課金の制限くらいを設定しておけば問題なく使わせることができるでしょう。

 

もし、無料アプリくらいは子供に自由にインストールさせてもよいと考えるのであれば、「インストール」はオンにして、子供用のApple IDを作って覚えさせておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

保護者のApple IDと同じにしておくと、許可していなくても、無断で有料のアプリをダウンロードしたり、課金したりしかねません。クレジットカードを登録しなくても作れるIDを子供専用として作っておくとよいでしょう。

 

コンテンツに関しては、年齢制限に合わせて、制限をかけたり、指定したWebサイトのみを選んだりしてフィルタリングをかけましょう。

 

 

パスコードは絶対に知られないように

 

iphone 機能制限 パスコード

 

機能制限を設定するときに打ち込む4ケタの数字が機能制限パスコードですが、これがけっこうな曲者なのです。

 

普段親自身が使うパスコードと同じにしていては、子どもに知られたとき、制限を解除されてしまうばかりか、親のiphoneから課金の必要な行為や買い物をされかねません。

 

親としても自分のiphoneのパスコードではないので、機能制限パスコードはつい忘れがちです。でも、子どもに類推されやすいパスコードを選んでしまうと、気づかないうちに子ども自身に制限を外されてしまうので、機能制限をかけている意味がなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

しかも、機能制限をかけているiphoneは子どものもの。親がバックアップを取っていれば別ですが、いざパスコードを忘れて初期化するしかなくなった場合、データを失って困るのは子供です。

 

もし、思い出せず初期化することになったら、相当恨まれるに違いありません。

 

ですから、簡単に設定できるわりに厄介なパスコードなのです。

 

 

注意することとは?

 

iphone 機能制限 パスコード

 

保護者が子供のiphoneに設定をかける際に必要になるのが、機能制限用のパスコードと画面ロック用のパスコード、そしてApple IDのパスワードです。

 

それらを覚えにくいとか面倒だからなどという理由で、保護者自身のものと同じにしてはいけないのは再三言っている通りです。

 

機能制限をかける上で、子どもに最も知られるとまずいのが、当然機能制限パスコードです。これは知られてしまうと、機能制限をかけている意味がなくなるので、絶対に知られないようにしましょう。

 

続いてApple IDのパスワードですが、iCloudやiTunes Store、App Storeを利用するときに必要になるので、子どもの年齢や発達の度合によって教えるかどうかを判断すべきです。

 

ロック解除用のパスコードは、再起動がかかった際に必要なので、それは逆に知らせておくべきでしょう。

 

iphone 機能制限 パスコード

 

もし、機能制限パスコードを知られてしまったなどの理由で変更しなければならないときは、一旦機能制限を解除し、再度機能制限を設定し直せば、その際に入力するパスコードが新しい機能制限パスコードになります。

 

機能制限パスコードは、機能制限を最初に設定するときに入力させられる4ケタの数字なので、ロック解除用のパスコードと違い、設定したこと自体を忘れてしまうことが多いようです。

 

しかし、もしこの機能制限パスコードを忘れてしまうと、子どものiphoneを初期化する羽目になる可能性が高くなります。そうなると、親の信用も失いかねないので気をつけましょう。