iphoneのバッテリー容量を把握して最大限に使う方法

iphone バッテリー 容量 使う方法

 

iphoneを毎日のように使っていると、最近バッテリーが弱ってきたかな?などと思うこともあると思います。しかし、そこですぐにバッテリー交換に踏み切ってはいけません。

 

というのも、保証期間だからと言ってiphoneのバッテリーを交換してもらおうとしても、必ず無償で交換してもらえるとは限らないからです。

 

AppleCare Protection Planの保証では、本来のバッテリー容量の50%を下回る状態まで劣化している場合のみが無償交換の対象となっています。つまり、51%であっても返却となりますし、新品のバッテリーと交換を望むなら、有償となってしまいます。

 

そこで、バッテリーの容量を正確に把握して、最大限に使う方法を考えてみましょう。

 

 

iバッテリー残量を%表示させて容量を把握しよう

 

iphone バッテリー 容量 使う方法

 

iphoneは、初期設定のままだと、バッテリー容量の表示は電池のマークだけです。これをパーセント表示にしておくことで、容量を把握します。

 

iphoneのホーム画面にある「設定」から「一般」「使用状況」へと進み、バッテリー残量のところをオンにすれば、パーセント表示になります。この設定がまず基本となりますから、きちんとパーセント表示しておきましょう。

 

 

iphoneのバッテリーの容量をフルに引き出す

 

iphone バッテリー 容量 使う方法

 

iphoneのバッテリーは正しい方法で充電していないと、フルに充電したつもりでも100%の容量を満タンにすることができなくなってしまいます。

 

iphoneに使われているリチウムイオンバッテリーは、継ぎ足し充電してもある程度は問題の起こらないように作られているものですが、バッテリーに搭載されている制御コンピュータが容量を誤認識するようになってくると、本来の90%程度でも100%として充電を終了させてしまいます。

 

この誤認識を繰り返すとどんどん容量が減ってしまいますし、そこに電池自体の劣化も加わると、急激にバッテリーが弱ることにもなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

ですから、1か月に1回程度は、コンピュータチップに正しい値を認識させ直さなければなりません。

 

100%まで充電した状態で2時間程度置き、その後0%になるまで使い切って5時間ほど置いた後に充電という方法で、バッテリーのリフレッシュができますので試してみてください。%表示も正しい値が表示されるようになります。

 

ただし、日ごろから頻繁に同じことをしてはいけません。普段は残り20%くらいになったら充電し、フル充電したらすぐに充電をやめるようにしましょう。

 

 

BatteryInfoを使おう

 

iphone バッテリー 容量 使う方法

 

BatteryInfoというアプリを使うと、iphoneのバッテリーが持っている情報を一覧表示することができます。BatteryInfoはバッテリー搭載のチップに組み込まれている値を読み込んで表示するアプリです。

 

ですから、純正のiphoneのバッテリーを使っている限りは、このアプリでバッテリー容量をきちんと把握できるようになるはずです。

 

スポンサーリンク

 

Design CapacityとCurrent Capacityが表示されるので、変化の様子が数値でわかりますし、充電の回数も表示されるため、交換時期の把握もしやすくなります。

 

 

使用環境によって劣化することも…

 

iphone バッテリー 容量 使う方法

 

iphoneのバッテリーに搭載されたチップは、0%から100%までの充電を1回とカウントし、400回繰り返すとバッテリーがもたなくなるようにできています。

 

つまり、100%と認識される容量が減ってくると、実際の90%や80%でもそこまでの容量を充電するとバッテリーが満タンになったと判断して1カウントになってしまうのです。ですから、バッテリーの劣化は避けたいところです。

 

バッテリーを劣化させ容量を減らしてしまう原因の1つに高温があります。直射日光のあたる場所や、高温になる車のダッシュボード内などにiphoneを放置すると、バッテリーの劣化が進み、チップにもダメージを与えますから、避けるようにしましょう。

 

また、強い衝撃もバッテリーには禁物です。落としたり、投げつけたりしないよう注意しましょう。

 

通常であれば、iphoneの購入から2年間はバッテリーがもつ計算になっています。しかし、実際には1年以内にバッテリー容量が減ってしまっている例も少なくありません。正しく容量を把握し、十分な容量を長く保てるようにしましょう。