iphoneのバッテリー寿命を少しでも延ばすためにできること

iphone バッテリー 寿命延ばす

 

「何で、自分のiphoneはすぐに電池が切れるんだろう?寿命かな?」などと思ったことはありませんか?ある日突然うまく充電できなくなり、驚くほど早い時期にバッテリー交換が必要になる場合もありますよね?

 

iphoneユーザーには、「バッテリー寿命が少しでも延びてくれたら助かるのに」と思っている人が多いことでしょう。そこで、普段無意識うちにやってしまいがちなバッテリーの寿命を縮めてしまう行動を検証して、バッテリー寿命を少しでも延ばし、交換時期を遅らせる方法を考えていこうと思います。

 

 

バッテリー寿命を決めているものは?

 

iphone バッテリー 寿命延ばす

 

iphoneに使われているバッテリーは、リチウムイオンポリマー電池と言われる身の回りの様々なものに幅広く用いられているバッテリーです。実はこの種類の電池には充電できる回数に限度があり、その充電可能な回数の上限こそがバッテリーの寿命なのです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、この充電可能回数は目安があるものの一定ではありません。条件によっては大幅に減ってしまうという厄介なものなのです。とはいえ、逆を考えると、充電可能回数を減らす条件さえ取り除くことができれば、iphoneのバッテリー寿命を最大限に延ばせるということになります。

 

 

バッテリーに搭載された制御機能

 

iphone バッテリー 寿命延ばす

 

iphoneに使われているリチウムイオンポリーマー電池には、充電の電圧や時間を制御するコンピュータが内蔵されています。充電池に決められた以上の電圧がかかったり、フル充電後更に長時間充電し続けたりすると熱暴走が起こりますから、そのようなことを避けるために制御コンピュータが搭載されているわけです。

 

この制御コンピュータがバッテリーの充電量や使用量の把握し、過充電、過放電を防ぐのですが、使い方によってはそのコンピュータの計算に誤差が生じてしまいます。

 

つまり、制御コンピュータがバッテリーの容量を少なく誤認識すると、それに伴って必要な充電時間も短く制御してしまうため、充電できる量が減るのです。1回に充電できる量が減れば、その分何回も繰り返し充電することになるので、バッテリーの寿命が短くなってしまうわけです。

 

iphone バッテリー 寿命延ばす

 

iphoneのバッテリーに用いられているリチウムイオンポリマー電池は、ニカド電池やニッケル水素電池とは違いメモリー効果が起こりにくいため、再調整をかけ、本来の容量を覚え直させてやらなければなりません。

 

再調整の方法としては、バッテリーをフル充電した後も2時間程度充電しつづけ、今度はスリープ状態になるまでiphoneを使い続けて、スリープした状態のまま5時間以上放置するという方法です。

 

スポンサーリンク

 

こうすることによって、バッテリー内の制御コンピュータが、バッテリーが本来持つ100%の充電量と0%の状態を把握し、記憶し直します。

 

また、完全に充電した後で、バッテリーの充電を使い切るということを毎月1回程度行えば、バッテリーの中の電子を動かしてやることもできますから、バッテリーの寿命を延ばすことにつながります。

 

 

バッテリーの寿命を縮めるのは高温や衝撃…

 

iphone バッテリー 寿命延ばす

 

iphoneのバッテリーは高温多湿を嫌います。Apple社の記載によると、バッテリーの適温は22℃前後ですから、日本の夏はそれだけでも過酷な環境です。

 

高温の環境下ではバッテリーの中身が劣化し、性能が落ちるだけでなく、寿命も縮めてしまいますから、高温になる夏場の車内に放置したり、サウナに持ち込んで使ったりするのは少なくとも避けましょう。

 

また、落としたり投げつけたりといった強い衝撃も厳禁です。バッテリーに強い衝撃が加わると、バッテリー自体が発熱して、熱暴走する恐れがあります。そうなると明らかにバッテリーの寿命が縮まりますから気をつけましょう。

 

このように見てみると、iphoneのバッテリーの寿命を延ばすためには、バッテリーの特徴を理解するのが一番だということがわかります。過充電、過放電を避け、高温環境と強い衝撃を避けるということがiphoneのバッテリー寿命を延ばすためのポイントです。