iphoneとiPadを同期して便利に使う方法

iphone iPad 同期方法

 

iphoneユーザーの中にはiPadも使っているという人が結構いるはずです。「iphoneだけで十分」と、最初はタブレットを使う予定がなかったのに、「iphoneご契約でiPadをお安くします」というようなキャンペーンについ乗せられたなんて人もいることでしょう。

 

しかし、動機はどうであれ、iphoneとiPadの2台持ちは、シーンによって使い分けたり、役割分担をしたりするならかなり便利に使えます。そのためには、iphoneとiPadをきちんと同期しておくことが大事ですね。

 

 

iTunesライブラリを追加してiphoneとiPadを同期する

 

iphone iPad 同期方法

 

1台のパソコンしかない場合、iphoneとiPad両方を同期するためには、iTunesライブラリを追加します。複数のライブラリを作ることによって、それぞれにiphoneとiPadを同期させることができ、結果的にiphoneとiPadもiTunes経由で同期させることができます。

 

2個目からのライブラリを作るときは、iTunesの起動を「Siftキー」を押しながら行います。ライブラリの選択ができる状態になるまで「Siftキー」を押し続け、「ライブラリを作成」「新規iTunesライブラリ」と選んでいきます。

 

スポンサーリンク

 

複数のライブラリができたら、起動するときには「Siftキー」を押して起動させます。そして、同期しようとする方のライブラリを選択してつなぐようにします。

 

 

iCloudを利用してiphoneとiPadを同期する

 

iphone iPad 同期方法

 

iCloudを利用すると、連絡先を初め、メール、カレンダー、写真、メモ、リマインダーなど、様々なものを同期することができます。

 

iCloudを有効にする方法は、iphoneとiPadそれぞれからiOSの「設定」でiCloudを選び、iCloud上で同期したい項目を選んでオンにするだけです。もし、iphoneやiPadがパソコンと同期済みの場合は、これまでパソコンと同期していたデータをiCloudに結合させます。その場合は、メッセージが表示されますから、「結合」をクリックします。iphoneとiPadなど複数のデバイスをiCloud経由で同期する場合も「結合」をクリックします。

 

このような設定をすることで、iCloud上に登録した情報がiphoneやiPadへ、iphoneやiPadに登録した情報がiCloudへ登録されることになります。つまり、間にiCloudを置いた形ですが、iphoneとiPadの中身が同期されることになります。

 

 

iCloudを通じてiphoneとiPadのアプリを同期する

 

iphone iPad 同期方法

 

iphoneとiPadを同期しておけば、iphoneとiPadの両方に最適化されているアプリは、片方で購入すれば両方で使えます。もちろん、無料のアプリはそれぞれダウンロードしても問題ありませんが、有料アプリは購入代金が1つ分で済むので助かりますね。

 

スポンサーリンク

 

例えば、Googleのアプリはこのタイプのアプリで、サインインしておけば、地図や電子書籍など、iphone、iPadどちらからでも最新の状態で使うことが可能です。きちんと同期がされていれば、電子書籍の「最後のページ」を共有することができますから、通勤中はiphoneで読んでいた書籍の続きを、自宅に付いたらiPadで読むというようなこともできるのです。

 

 

iphoneとiPadを同期して最後の作業状態を引き継ぐ

 

iphone iPad 同期方法

 

iphoneとiPadを、使う場所や仕事内容で使い分け、うまく連携して使うには、iCloudなどでデータの同期をしておくことが必須ということは、ここまでの流れでわかったことでしょう。しかし、同期でデータを共有しているだけではまだまだ不十分です。両方のデバイスで同じApple IDを利用しておくことが大事です。そうでないと、最後の作業を引き継げるアプリの機能を十分活かして使うことができません。

 

 

iphoneとiPadを同期してタブを共有する

 

iphone iPad 同期方法

 

また、タブ構成を同じにしておくと、iphoneで見ていたWebサイトの続きをiPadで見ることもできます。この際のタブの共有は、iCloudを使えば、Safariでも同じGoogleアカウントのChromeでも可能です。

 

例えば、Safariのタブを共有するなら、iphoneとiPadの両方で「設定」から「iCloud」の中のSafariをオンにするだけです。簡単ですから、ぜひやってみてください。

 

基本的に、iphoneとiPadの両方で設定したらiCloud経由で同期され、作業内容が引き継がれるはずです。しかし、最新のデータがすぐには反映されないこともあります。うまく反映されないときは、反映されている側のデバイスでアプリを一旦終了します。それを再度開くと反映されますので、慌てずに試してみてください。