iphoneのバッテリー充電を長持ちさせる方法

iphone 充電 バッテリー 長持ち方法

 

iphoneはカスタマイズ次第で様々な使い方ができます。そのため、たくさんの機能を詰め込んで、パソコン並みの使い方をしている人もいます。

 

しかし、あまり多くの機能を盛り込みすぎると、バッテリーの充電は長持ちしなくなってしまいます。そこまでの使い方をしていなくても、iphoneのバッテリーの充電が長持ちしないという声はよく聞かれます。「せっかく新しいiphoneに替えたのに、バッテリーの初期不良?」と嘆く人もいるくらいです。

 

でも、いきなり故障を疑うのは早すぎます。一度設定を見直してみましょう。

 

 

充電が長持ちしない理由…

 

iphone 充電 バッテリー 長持ち方法

 

iphoneのバッテリー充電を長持ちさせるカギは設定にあります。新機能を搭載した新型のiphoneほどバッテリーの充電の減りが早いように感じられるのは、初期設定の段階でONに設定されている機能が多いからなのです。

 

公式の発表によると、バッテリー自体は新型のものほど稼働時間は長いとされています。つまり充電が長持ちするということです。

 

スポンサーリンク

 

それなのに、充電の減りが早いというのは、おそらく普段使わない余分な機能がONになっているためでしょう。要は、不必要な機能をいつでも使える状態にしているために、むだに放電してしまっているということです。

 

 

充電を長持ちさせるオススメ設定

 

iphone 充電 バッテリー 長持ち方法

 

iphoneのバッテリー充電を長持ちさせるコツは、シビアなくらいに必要な物だけに絞った設定をすることにあります。必要な機能を必要な時だけONにする設定をすれば、驚くくらい長持ちさせることができるはずです。

 

例えば、一番簡単なところでは、画面の照度を落とすことと、自動ロックを短めに設定るすこと。画面は明るさ調節のバーを半分〜3分の1くらいまで落とすと相当電力消費が抑えられます。自動ロックも1〜2分程度で設定するとかなりの効き目があります。

 

スポンサーリンク

 

Wi-FiやBluetoothの設定もこまめにOFFしましょう。つなぎっぱなしにしておくと、接続先を常に探すことになるので、むだな電力を使うことになります。使うときだけONにして、それ以外の時は接続をOFFにするように心がけましょう。

 

また、バックグラウンドは数日に1度はチェックするようにします。そして、すぐ使う予定のないアプリは終了させておきましょう。

 

 

こんな裏ワザも…

 

iphone 充電 バッテリー 長持ち方法

 

iphoenのバッテリー充電を長持ちさせるに、ただ何でもOFFにすればよいという物ではありません。iphoneのホーム画面からスワイプで呼び出せる「コントロールセンター」の中には、「画面の明暗」を初め「Wi-Fi」や「Bluetooth」など、先にOFF設定した方がよいと述べた項目があります。

 

ここを呼び出してON-OFFする癖をつけることがバッテリーを長持ちさせる裏ワザの1つになります。「機内モード」「おやすみモード」などはバッテリーの節約につながり、充電を長持ちさせることができます。モード切替をこまめに設定する癖がつけば、消費電力を抑えることができるのです。

 

それと、もう1つの裏ワザは、Appのバックグラウンド更新を見直すことです。

 

実は、Facebook関連のアプリがかなりバッテリーを浪費しているということがわかっています。位置情報を頻繁に更新するためです。

 

GPS機能に関しては、ほったらかしにしているとかなりの電力を使うことになります。位置情報を利用したアプリは、Facebook関連以外にもかなりたくさんありますから、使うものと使わないものをきちんと把握して、使っていないものはOFFするようにしましょう。

 

更にもう1つの裏ワザは、プッシュ通知のOFFです。プッシュ通知は、ユーザーが働きかけなくても勝手に更新の情報が届き、リアルタイムで知ることができます。そのため便利なように感じますが、不必要な情報も多いため、要るものを選んで情報を取得するようにすればそれほど困らないでしょう。

 

このように、iphoneのバッテリー充電を長持ちさせる方法は、便利さと対極にあります。少し不便を感じるくらいがちょうどよいのかもしれません。