iphoneでウイルスチェックは必ずしよう!感染する可能性も…

iphone ウイルス チェック

 

iphoneを初めとするiOS端末は基本的にウイルス対策の必要がないと言われています。アプリの入手がApp Storeだけに限られているため、App Storeの審査さえ厳重であれば安全という理屈の下での話です。

 

不正な使い方をしていなくても、iphoneはウイルス感染の心配が全くないわけではありません。やはり、iphoneでもウイルスチェックの必要性はないとは言い切れないのです。

 

 

iphoneのEメール(i)のウイルスチェック機能

 

iphone ウイルス チェック

 

iphoneで送受信されるEメール(i)に関しては、送受信の際にウイルスがチェックされます。万が一ウイルスが検知された場合には、該当のメールよりウイルスを削除されるようになっているので安心です。

 

受診時のチェックでウイルスが見つかった時には、ウイルスだけを取り除き修復してメールを受信します。その際、ウイルスを取り除き修復したというメッセージが本文中に入ります。

 

もし、ウイルスの削除が不可能なメールの場合には、ウイルスに感染した部分をすべて本文から取り除いた上で、ウイルスを駆除したとのメッセージが本文に入ります。

 

スポンサーリンク

 

メール送信時のチェックでウイルスが発見された場合には、メールの送信は行いません。更に、送信者にウイルス感染の警告メールが入ります。

 

このようなメールのウイルスチェックに加え、スパムメールに関しても細かくチェックが入るので、Eメール(i)に関してはウイルスに感染するリスクは少ないと言ってよいでしょう。

 

 

ウイルスチェックソフト〜Virus Barrier

 

iphone ウイルス チェック

 

しかし、昨今はiphoneを単体で使っているわけでなく、他の端末と情報を共有しているユーザーが多いはずです。

 

特に、iphoneとPCの間でデータのやり取りをする場合、メールに添付されてきたファイルや、ファイル共有アプリを使ったファイルのやり取りが元でMacやWindowsに入り込んだウイルスがiphoneにまき散らされる可能性もあるのです。

 

そこで、メールに添付されているファイルやクラウド上のファイルなどをスキャンしてウイルスをチェックしてくれるソフトを活用することをお勧めします。「Virus Barrier」というiphone用のウイルスチェックソフトがあります。

 

スポンサーリンク

 

「Virus Barrier」をインストールしたら、「ロケーションを追加」のところから、項目の設定をします。スキャンしたい項目を選んで、「すべてをスキャン」または一部の任意ファイルのみを選択してチェックすればスキャンが始まります。

 

ただし、iOSのセキュリティ上の特性により、常駐で動作させることができません。

 

ですから、定期的に手動でチェックをかけてやらなければならないのが面倒ですが、ウイルスに感染してしまってからでは意味がありませんから、曜日や日にちの末尾でウイルスチェックする日を決めて行うようにしましょう。

 

 

ウイルスバスターモバイル

 

iphone ウイルス チェック

 

iphoneなどに搭載されているiOSをターゲットとしたウイルスは2013年時点では確認されていないということですが、2014年に入ってトレンドマイクロ社がiphone向けのウイルスバスターモバイルをリリースしたことから見て、ウイルスによる攻撃が全く無縁ということではないようです。

 

ですから、定期的なウイルスチェックは必要になってきていると思われます。

 

特にJailbreakつまり巷で言う脱獄iphoneにのみ影響を与えるワーム型のウイルスは見つかっていて、日本国内でも感染を広げています。

 

脱獄しているのですから、その時点自己責任なのですが、中には自分が脱獄していることすら気が付いていないユーザーもいますから、ウイルスチェックが可能であればしておくに越したことはないですね。

 

iphone ウイルス チェック

 

そういったことであれば、先に少しだけ名前の出てきたiphone向けの「ウイルスバスターモバイル」を利用してみるとよいでしょう。PC向けやAndroidのスマホ向けとしてこれまで実績を上げているソフトですから信頼できるアプリです。

 

動作環境がiphone4以降、iOS7.0以降となっていますが、2014年4月からApp Storeにおいて無料で配布されています。常駐させてウイルスチェックできますから、ぜひインストールしておきましょう。

 

知らずにjailbreakされている場合も検知してユーザーに知らせる機能があるので、入れておいても損はないですよ。