iphone・画面を録画する2種類の方法

iphone 画面 録画方法

 

iphoneは電話やメール、SNSなど様々な機能を使うことでより良いコミュニケーションを取ることができます。

 

しかし、通信技術が大幅に向上したことで今まで考えることができなかったことが次々と現実になりつつあります。その中には「ゲーム」や「動画」という分野を考えることができるでしょう。

 

これらは、今まではあまりにも容量が大きいということもありスムーズに動くこともありませんでしたし、ゲームにいたってはシンプルなものしかありませんでした。それが今では各社が競ってゲームアプリを開発するなど、その進化速度には驚かされます。

 

さて、そのような環境になったことで、iphoneの画面を録画したいと考える人が増えてきています。そもそも、録画をすることが可能なのかどうか怪しいものですので、調べてみました。

 

 

録画専用アプリを使おう

 

iphone 画面 録画方法

 

iphoneの画面を録画するには当然そのままでは不可能です。最初から備わっている機能では、録画をすることはできません。

 

冒頭にもお伝えしたように、通信速度が飛躍的に向上したことで、画面を録画して、それを動画共有サイトにアップロードする動きも見られるようになってきています。そういった人達は、次に紹介する方法を使って画面を録画していますので、参考にしてみてください。

 

まず、録画専用アプリ「Reflector」をパソコンにインストールする必要があります。そして、必ずパソコンとiphoneが同じWi-Fi接続の中にある必要があります。

 

対応デバイスについても色々と制限等がありますので、専用ページにて確認することをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

まずは、「Reflector」をダウンロードしてパソコン内にインストールを行います。ダウンロードするには、専用サイトに行きダウンロードを行うのですが、このときに「無料版」と「有料版」を選ぶことになります。

 

無料版では、動画録画10分という制限がついた中での利用となり、有料版は動画時間は無制限です。

 

どちらかを選んでインストールをしたら、起動させます。すると画面が表示され「Try Reflector」というアイコンが画面の下にありますので、そこをクリックしてパソコンのほうは待機します。

 

次に操作するのは、iphoneのほうです。iphoneのホームボタンを2回タップして、マルチタスクを呼び出します。

 

呼び出したら、右方向に2回フリックして、音量バーを表示させます。ここまでの方法は、録画をしたい画面を最初に出していることが条件となりますから注意してください。

 

音量バーの右にあるボタンをタップすると、[AirPlay]と書かれた画面が表示されますので、先ほど「Reflector]をインストールしたパソコンを選択します。

 

スポンサーリンク

 

するとパソコン画面には、iphoneで表示させている画面がそのままのかたちで表示されていると思います。iphoneの形をしているのでビジュアルとしても見やすいですし、操作しやすい風に作られています。

 

この画面で右クリックをすると、英語ですが様々な注文をすることができます。ですが、頻繁に使うのは「録画の開始/停止」と「iphoneフレームを消す」程度でしょう。それらだけでも場所を覚えておけばあまり苦労はしません。

 

これで録画をすることができます。MP4形式で録画されますので、そのままyoutubeにアップロードすることもできますのでとても簡単です!無料でここまで出来るのは嬉しいですね。

 

 

Cloud Player&Recorderを使おう

 

iphone 画面 録画方法

 

上記の項目では、iphoneとパソコンを連動させて録画をする方法でした。次に紹介するのは、iphone本体だけあれば画面を録画することができるというものです。

 

以前から存在していたのですが、iOS7になってからは、そのどれもが使うことができませんでした。しかし、最近になりiOS7でも対応しているアプリが登場したのです。

 

それが「Cloud Player&Recorder1.1.1」になります。価格は無料ですので気軽にダウンロードできることでしょう。このアプリを使うことにより、iphone本体から画面を録画することができます。

 

一部のアプリケーションでは対応していないので、ゲーム画面を全て録画できるとは限りません。しかしほとんどの場面で使うことができうので多くの人が気にいっています。これさえあれば、画面の録画をiphone本体だけがあればできるので便利です。