iphone・パスコードロックで安全なセキュリティー対策しよう

iphone パスコードロック 安全

 

iphoneは便利ということで仕事やプライベートで頻繁に利用している人も多く、もはや生活の一部となっています。

 

プライベートな写真や動画などが豊富に入っているだけではなく、簡単にSNSに接続できるような状態になっていますので、個人情報がたくさんつまっていることも意識しておかなければなりません。

 

iphoneはそれだけセキュリティー面をしっかりと考えておかないと、万が一紛失したり、お店に忘れたりした場合には悪用される可能性もあります。

 

個人的な情報がネット上に流出するようなことになれば、その証拠を消すことはほぼ不可能になりますから、自分で対策を考えていかなければなりません。

 

iphoneでは、ロック解除時は指でスライドさせることが一般的です。たったこれだけで操作が解除されてしまうので、そのままの状態ではセキュリティーはとても脆いといわざるを得ません。

 

そのため、iphoneはセキュリティーを向上させるために、パスコードを設定することができます。その方法について説明していきます。

 

 

パスコードロックの設定をしよう

 

iphone パスコードロック 安全

 

そもそもパスコードロックとは何でしょうか?これは予め自分で決めたパスワードのコードのことを指します。

 

自分で決めたコードを入力しない限りその先の操作を進めることができないので、中身を見られたくないと思っている人にかなり効果的になり、セキュリティーも向上するので関心が高いと言われています。

 

では、どうすればiphoneでパスコードを入力する画面を表示することができるのでしょうか?

 

まずiphoneのトップ画面を表示させます。そこから右下にある[設定]をタップして、設定メニューを表示させます。すると画面が切り替わりどの項目を操作するのか選べるようになりますので、ここで[一般]の項目をタップします。

 

すると、さらに項目が分かれているので、[パスコードロック]と書かれた項目をタップします。

 

スポンサーリンク

 

[パスコードロック]をタップすると、パスコードロック画面が表示されますので、ここで様々な設定をします。まず、画面上部にある「パスコードをオンにする」という文字をタップします。青色になっているのですぐに見つかると思います。

 

ここをタップすると、4桁のパスコードを入力するボックスが表示されるので、4桁の好きな数字を入力します。

 

ここは他のサイトと同じように推測されやすいコードを入力することは避けましょう。誕生日や1111などは比較的容易に判断されてしまいがちになり、パスコードの意味がありません。自分が覚えられる範囲で全く関連性のないものを選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

さて、パスコードを設定すると、さらにパスコードの再入力画面が表示されます。これはさきほど入力したコードで間違いがないかどうかの最終確認になります。

 

ここで失敗すると、最初のコード入力からやり直しになりますので注意してください。ここでは、もう一度入力すれば良いのでそこまで難しいことはありません。

 

ここまでできると、[パスコードロック]の画面まで戻ってきました。先ほどは[パスコードをオンにする]という文字をタップしましたが、そのところの文字が[パスコードをオフにする]に切り替わっています。

 

つまり、現在は、パスコードがオンの状態だということを示しているので、これでパスコードロックが設定されました。

 

 

設定されたか確認を忘れずに

 

iphone パスコードロック 安全

 

上記の項目を一通りこなせば、パスコードロックを設定することができます。そこまで出来たら、本当にロックがかかっているのかを確認してみることにしましょう。まずは、iphoneをスリープ状態(真っ暗な状態)にしておき、電源ボタンを押して起動させましょう。

 

通常であれば、指をスライドさせてロックを解除する画面になりますが、今回も最初はその画面です。

 

指でスライドさせてロックを解除すると、次に「パスコードを入力」という画面に切り替わります。ここで先ほど設定したパスコードを入力をすることで、はじめて操作をすることが可能となります。

 

自分しか知らないコードになりますから、セキュリティーがグンとあがることに繋がりますし、どんな場面においても非常に良い結果をもたらしてくれることでしょう。

 

普段からこの部分をしっかりと考えておくことができれば、万が一の場面でも、セキュリティーが助けてくれますのでオススメです。