iphoneの連絡先をバックアップする2種類の方法

iphone 連絡先 バックアップ方法

 

日常的にiphoneを使用している人が多くなってきています。プライベートでも仕事でも大活躍しますし、暇つぶしにも使えるので手放せないと思っている人もいるほどです。

 

それだけ、日常生活にすっかり馴染んできているのですが、精密機械であることに代わりはありませんから、ひょっとしたことで壊れたり、データが消去される場合もあります。

 

特に困るのが連絡先が全て消えてしまったとき・・・。電話番号やメールアドレスなどが入っているデータが消えてしまうと、仕事上で連絡を取りたい人に連絡することもできないといった、仕事上困ってしまう事態に発展します。

 

これは大変なことですので、iphoneで連絡先をバックアップする方法をご紹介します。

 

 

連絡先をPCへバックアップ

 

iphone 連絡先 バックアップ方法

 

PCへのバックアップをする場合には、iphoneの連絡先管理専用ソフト、CopyTrans Contactsを使います。この方法はオフラインでも使えるので、場所を選ばず、iPhoneの連絡先のバックアップのほか、編集なども出来ちゃうので、様々な場面で使えるのが嬉しいツールです。

 

まずは、「CopyTrans Contacts」を検索してダウンロードをしてください。その後、CopyTrans Contactsを起動して、iphoneを接続します。

 

すると画面が切り替わりますので、「連絡先」の横にチェックをいれて、「選択した項目をエクスポート」をクリックします。最後に「アドレス帳を保存」を選択すると、画面が切り替わり、連絡先の保存先を決めることになります。ここでは、保存先をPC上のフォルダに「iphone連絡先バックアップ」というフォルダを作成して「ok」をクリックします。

 

スポンサーリンク

 

以上の方法を使うことでPC上のフォルダの中にiphoneの連絡先がバックアップされます。最近はクラウド機能を使うことでさらに便利に利用することができるのですが、個人情報が満載ということもあり、その使い方には慎重にならざるを得ないケースもあるようですから、しっかりと対応を考えるようにしましょう。

 

PC上であれば自分が見つけやすい場所に保存することが可能です。デスクトップでも良いですし、家族でパソコンを共有している場合には、自分専用のフォルダを作成して、その中に入れるという方法もできます。

 

バックアップとして違う場所にデータを保存していることになりますから、それが後で見つけることができるようになれば問題ありませ。

 

 

iCloudへバックアップしよう

 

iphone 連絡先 バックアップ方法

 

先ほどのものが、PC上へバックアップをしてオフラインでも使えることを説明しました。

 

今回のiCloudへのバックアップはオフライン状態では使用することができず、ネット環境が整っている場所でなければ利用することができないという点に注意する必要があります。では、早速iCloudを使ってのバックアップ方法を見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

まず、iphoneの[設定]画面をタップして、設定メニューを画面に表示させます。その画面にiCloudと書かれた項目がありますから、そこをタップして「iCloud」メニュー画面を表示させるようにします。

 

するとリストが表示されるので、「連絡先」と書かれた場所の右側にある「オンオフ」を切り替えるバーがありますので、そこを1回タップすると「オン」と表示されるので、その手順をします。

 

すると画面下部に別枠で「これまでPCと同期していた連絡先を、iCloudに結合します」という説明文が表示されますので、その下にある「結合」をタップすることで、iCloudとiphoneの連絡帳の同期が完了してバックアップされたことになります。

 

これでiCloudに接続が完了したことになりますから、PCにiphoneを接続して確認してみましょう。しっかりとバックアップされたことが分かります。