とっても簡単!iphoneでテレビ放送を見る方法

iphone テレビ 見る方法

 

現在日本で販売されているスマホや携帯電話は、多くの機種に最初からワンセグ機能が搭載されています。そのため、日本では屋外でも移動中でもリアルタイムでテレビを見ることが可能です。

 

近頃は、更に高画質なフルセグに対応した機種が続々と登場しているので、それだけ需要があるということなのでしょう。それなのに、iphoneには未だにワンセグ機能すら搭載されていません。

 

もちろん、自宅でLANにつなぎ、アプリとビデオレコーダーの転送機能を利用するという形でテレビ放送を見る方法はあります。でも、自宅で見るならテレビを普通に見ればよいわけで、テレビを見る方法としては実用的ではありません。

 

では、なぜiphoneにはワンセグすら搭載されていないのでしょうか?その辺りを探りながら、テレビ放送をiphoneで見たいという方に、見る方法をお教えしましょう。

 

 

iphonedでテレビを見る前に…

 

iphone テレビ 見る方法

 

現在iphoneにはワンセグ機能が搭載されていません。今後もおそらく搭載されないでしょう。というのには根拠があります。

 

Appleが開発、発売する製品やサービスは、グローバルモデル、つまり世界中どこでも使える共通モデルであることがコンセプトの中心にあります。もちろん、iphoneも同様の考え方で開発されています。

 

確かに、iphone5に関しては、通信回線の違いにより2種類のモデルが存在します。でも、それは通信機器である点を鑑みてやむを得ずとった例外措置であると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

ワンセグでのテレビ放送がされているのは日本だけです。しかも、デジタル放送の方式が、日本とアメリカ、ヨーロッパ各国では違います。日本は、「ISDB-T」、アメリカは「ATSC」ヨーロッパ各国は「DVB-T2」という具合です。

 

テレビを見る方法をiphoneの基本機能として搭載することはそれほど難しいことでないはずです。しかし、他国では需要がなく、更にデジタル放送の受信規格を1つにまとめられない以上は、搭載をする必然性がないのです。

 

現在も今後も、iphoneでテレビを見る方法がないかと必死で探すのは日本に住んでいる人だけなのですから。

 

 

iphoneでテレビ放送を見る方法

 

iphone テレビ 見る方法

 

このような理由でワンセグ機能が最初から搭載されていないのですが、だからと言って、iphoneでテレビを見る方法がないわけではありません。それどころか、見る方法は複数あります。

 

1つは外部機器を使ってテレビ電波を受信し、それをiphoneに送って見る方法。簡単なのは、直接iphoneに取り付けるワンセグチューナー「ちょいテレi」をDockコネクターにつないで受信する方法です。チューナー自体は1万円ほどかかりますが、視聴に使うアプリが無料なので、リーズナブルに見ることができます。

 

スポンサーリンク

 

ワイヤレスで見たかったら、ソフトバンクモバイルの「TV&バッテリー」やBitBayの「eSegTV」、IODATEの「SEGCLIP mobile」を使って見る方法もあります。これらはすべて外付けバッテリーとしても使うことができます。ただし、ワンセグ放送を見るためにはそれぞれ専用のアプリが必要です。

 

他には、テレビやビデオレコーダーの映像をストリーミングアダプタで送って見る方法もあります。映像を送るには「SlingBox PRO-HD」や「VULKANO FLOW」といったアダプタを使います。映像はインターネット経由で送るため、機器を持ち歩かなくても大丈夫。どこでも見られるというのが特徴です。

 

しかし、機器自体の価格が高めで、特に「SlingBox PRO-HD」の方は、機器が35000円前後、専用アプリが3500円程度とかなり高くつきます。アプリも有料なため、そこまでやって見る価値があるかというと少々疑問です。

 

このようにテレビを見る方法はいくつかあります。しかし、iphoneの画面は小さめです。あの画面でテレビを見るためにどこまで投資するのが妥当かよく考えてから導入しましょう。

 

金額によっては、ワンセグ機能の付いたガラケーを別に持った方が安いくらいになります。直付けのワンセグチューナーと無料アプリで見るくらいが適当かもしれませんね。