iphone・ロック画面の壁紙をオリジナルに変える方法

iphone ロック画面 壁紙 変える

 

iphoneをはじめとするスマートフォンはタッチ形式で操作をする新感覚の携帯電話です。ボタン式ではないので、ポケットに入れていた場合にこすれて勝手に操作される危険性があります。

 

そのため、指でスライドするなどの手順をしないと操作ができないよう、ロック機能が最初から備わっています。

 

iphoneのロック画面は最初の電源ボタンを押した時にでる時間と、「ロック解除するにはスライドして」と書かれている場所になります。この場所にはデフォルトで画像が表示されています。

 

これは初期状態から付属されているサンプル画像の中の1枚になっているのですが、この壁紙を変更することができますので、その方法についてご紹介していきます。

 

 

画像はあらかじめ用意しておこう

 

iphone ロック画面 壁紙 変える

 

iphoneで壁紙を変更することはそこまで難しくはありません。次のステップを踏めばよいだけです。

 

その前に、確認しておかなければいけないことがあります。壁紙を変更するには、それに該当する画像がiphoneの中に入っていなければなりません。自分で撮影した景色や動物などがあればよいですが、そうでない場合には、ネットからダウンロードをする必要があります。

 

壁紙にする画像が用意できたら、最初の画面の右下にある[設定]アイコンをタップして、設定メニューを表示させます。画面が切り替わると様々な項目が出現しますから、その中にある[壁紙/明るさ]を選択して、画面の明るさなどの調節ができる画面を表示させます。

 

スポンサーリンク

 

この画面の下に[壁紙を選択]がありますから、この欄内をタップします。タップする場所は、[壁紙を選択]と書かれた下にある時間やアプリの画面が移っているところならどこでも良いです。

 

タップをしたならばホーム/ロック画面に設定したい画像を選択します。プリインストールされている壁紙画像のほか、カメラロール内の写真、またはパソコンのiTunesから写真をコピーして、その画像を選択するなどして、ロック画面にしたい壁紙を選択できます。

 

1回したからといって、2度と変更できないということはありませんから、テストを兼ねて選択してみるのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

画像を選ぶ方法としては。設定した画像のあるフォルダをタップします。

 

このフォルダは[設定]の画面から飛んで、[壁紙を選択]の下に移っている画像部分をタップすることで、変更をするような画面に切り替わります。

 

この項目で、自分がロック解除画面にしたい壁紙を選らんだならば、プレビュー画面を開き[設定]をタップします。

 

ここまですると、現在選択している壁紙を、ロック解除で使うのか、それともホーム画面に設定するのかを選択していかなければいけません。それも、その次に設定することができ、画面の指示に従えば、ロック画面の壁紙を変更することができます。

 

 

画像が用意できない場合は…

 

iphone ロック画面 壁紙 変える

 

iphoneでは実際に用いた画像を自分で処理をして、壁紙として設定することができます。その方法は意外にも簡単で慣れれば5分くらいで出来ます。

 

まず「iphone 壁紙 画像」あたりを検索して、壁紙のサイズにされている画像をダウンロードして使用します。変更はいくらでも出来るので、テストを兼ねて適当に選んでみるのが良いでしょう。

 

そしたらアプリ「phonto」をインストールして起動しましょう。そして、さきほどダウンロードした画像を読み込みます。

 

フィルターで色調などを変更することができるので、変更をしたり、ふきだしを作り、会話形式にしてみたりと自分好みにロック画面の壁紙を変更することができます。

 

 

とても楽しい壁紙作成ができますので、巷では密かなブームとなっています。自分だけの壁紙を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。