iphone・メールを引用せずに送信する方法

iphone メール 引用しない 送信方法

 

iphoneに最初からインストールされているメールアプリでは、返信をすると必ず引用がついてきます。これは、送られてきたメールの内容を確認しながら文字を打つことができるので重宝されるのですが、一般的に見ても作成し終わったら必要ないことがほとんどです。

 

また引用があることで、メールの中身が複雑になることも考えられますので、相手に送るときはできるだけ引用をなくしたほうが良いと言われています。

 

そして、件名にも[Re]が付いてしまうので、どこか不親切なイメージもしてきます。そこで、iphoneでメールで引用を表示させない方法について説明していきます。

 

iphone メール 引用しない 送信方法

 

iphoneに最初からインストールされているものは引用を取り消すことができないばかりか、本体設定をイジっても引用を消すという機能を満たすことはできません。

 

つまり、現状では、iphoneで引用をなくすことはできません。そのため手動で引用を表示させないようにすることが必要になります。いくつか方法がありますので、すべて教えていきます。

 

 

新規メールを作成する

 

引用をつけないでメールを送りたいのであれば、返信をタップして気軽に送るのではなく、新規メールとしてしっかりと送ってあげることが求められます。

 

こうすることにより、メールの本文に煩わしさを感じることもありませんし、中身もスッキリしているので相手に対しても好印象を付けることができます。

 

スポンサーリンク

 

しかし、いちいち新規メールで作成するのは面倒と感じている人もいるかもしれません。宛先のところをタップして電話帳から名前を見つけて設定して・・・。

 

これをしているくらいなら、引用がついても返信をタップしたほうがマシだと考えるかもしれません。実は、一工夫加えるだけで、新規作成がとても簡単に実行することができるのです。

 

まず、メール画面で差出人の名前をタップすると、差出人のメールアドレスが表示されるので、タップをします。すると新規メール画面が立ち上がるので、本文を入力して送信するだけです。

 

たったこのステップだけで、メールを作成することができます。いちいち上記のように、電話帳から探す手間は一切いりません。

 

送られてきたメールの差出人をタップしてアドレスをもう一回タップするだけで、煩わしい引用がいっさいない新規メールとして送ることができるようになるのです。これを知っておくだけで、メールをもっと効率よく活用することができます。

 

 

引用文を素早く消すことができる

 

もうひとつの方法は、返信をタップして引用がついた状態で返信をするのですが、このときに、引用を素早く消すことで面倒な手間を省くというやりかたになります。

 

スポンサーリンク

 

返信アイコンをタップ後、返信を選択します。Ccがある場合は全員に返信を選択してください。

 

すると、引用のついたメールを送ることになり、その余白部分に本文を入力します。ここで一工夫を加えるのですが、まず本文余白部分をタップします。すると、メニューが表示されますので[全選択]をタップしてください。

 

すると、引用部分の文章まで全てが選択されるようになりますので、あとは文字入力の[バックスペース]をタップすると、選択された文章が全て消えます。

 

あとは本文を入力して送信するだけです。たったこのステップだけで引用文を全て消すことができるようになるので、非常に簡単です。

 

引用はどちらにしても、自分で操作をして消すしかありません。メールの種類によってどちらの方法を選ぶことになるでしょうが、どちらも簡単に引用を消すことができるのでオススメです。

 

iphoneはメールを送るのがとても簡単になりました。だからこそ、引用も消せる方法を知っておくことは大切なのです。