iphone・アラームの音量を調整する設定方法

iphone アラーム 音量 調整 設定方法

 

iphoneは簡単な操作とまではいかずとも、慣れたら手放すことが出来なくなったという人がかなり多くなってきており時代の流れを感じさせます。

 

しかし、こうした操作が苦手な人にとっては、何をどうしたら良いのか全く分からずに色々な機能を放置していることも多いのではないでしょうか。

 

iphoneが困らせていることとして取り上げられるのが「音量調節」です。着信音量は最小にしているのに、アラーム音量はかなりの大きさで心臓が止まる思いをした人もいるのだとか。

 

そもそも、iphoneは音量設定がちょっとややこしいという部分もありますので、その点について説明していきます。

 

 

アラームの音量設定は4種類ある

 

iphone アラーム 音量 調整 設定方法

 

まず大前提として、iphoneは音量設定が4種類に分かれていることを覚えておきましょう。

 

ひとつ目が着信音・通話音・アラーム音の音量となっており、次にアプリ内・音楽再生時の音量です。さらにイヤホン・ヘッドホン使用時の音量ときて最後に受話音量という仕組みになります。

 

全てが連動しているわけではなく個別の設定で該当する場所の音量を、調整することができるという仕組みになっています。

 

「では、それぞれ別に設定するだけでいい?」と簡単にできると思うかもしれませんが、設定のタイミングや設定できる場所がとっても分かりづらいのです!ここでは、アラームの音量調整について説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

着信音・通知音・アラーム音の音量はひとつの設定でできます。それには設定アプリである[サウンド]を使って設定をしなければなりません。

 

[サウンド]を開くと設定画面が開くことになりますから、[ボタンで変更]という部分をオンにしていることを確認し、その状態になったところで、iphone側面の音量調節ボタンを利用すれば終了です。

 

また、サウンド中にあるバーで音量を調整することもできます。それは[着信音と通知音]と書かれたバーを操作することで実現できます。

 

音量を調節したときに表示される鐘のマークが、着信音・通知音・アラーム音を設定している時の合図となるので覚えておきましょう。

 

これでアラームの音量を調整することができるようになったのと同時に、着信音についても同じように調整されたことを表します。ここで注意しておかなければいけないことは、「着信音を小さくして、アラーム音を大きくするということはできません」

 

 

音量以外を調整するには?

 

iphone アラーム 音量 調整 設定方法

 

アラーム音量について上記の項目で説明してきました。ではそれ以外の音量調整はどうすれば良いのでしょうか?ここでは、アプリ・音楽再生時の音量の操作方法について説明していきます。

 

アプリ内・音楽再生時の音量は、「音が出るアプリを起動しているときに音量調節ボタンを押すことで調節することができるだけではなく、「コントロールセンター」のバーでも調節が可能です。

 

バックグラウンドで音楽が再生されているときはホーム画面でも音量の調節をすることができます。

 

スポンサーリンク

 

また、設定アプリの「サウンド」で「ボタンで変更」をオフにすると、音楽を再生していなくてもホーム画面で音量を調節することができます。

 

このようにして、音楽再生の時の音量を調節することができるので、周囲の迷惑になるような場所ではしっかりと確認をするなどして操作を身につけておくことが望ましいでしょう。

 

iphoneでの音量調節は簡単なように見えて実は複雑な中身を持っていることが理解できたと思います。普段はあまり使うことのない機能だだけに、ちょっと操作しないと忘れてしまうこともあるでしょう。

 

しっかりと、操作を知っておくことでより快適に、iphoneを使うことができるのです。