iphoneのアラームをバイブのみにする方法

iphone アラーム バイブのみ 設定方法

 

iphoneはとても便利な機能がそろっている反面、操作がわかり難いといった面もあるのが事実です。普段からスマホの操作に慣れている人ならば、すぐに分かるところも、あまり操作に慣れていない人からすれば面倒と感じてしまうことでしょう。

 

その中でも特にわかり難いと指摘があるのが「アラーム機能」です。目覚まし代わりに使っている人は多く、それだけ需要があるものですが、このアラームがサイレントモードになっていても普通に音が出てしまうといわれています。

 

大事な会議や早起きをしていつも起きる時間には電車に乗っているときなどは恥ずかしい思いをしてしまうことでしょう。

 

では、iphoneでアラームをバイブのみにする方法はあるのでしょうか?今回はその点について触れていきます。

 

 

iphone アラーム バイブのみ 設定方法

 

まずサイレントモードについての確認です。これは左側面の上部にあるスイッチを倒した(ON)状態のことを指し、倒すことでサイレントモードに設定することができます。

 

意図せず音が鳴る事がないようにしてあるだけで、自分で設定したものは鳴ってしまいます。だから、アラームも鳴るのです。メールや電話の着信など自分では意図していないものだけ音が鳴らないという仕組みです。

 

では、アラームを設定するときに「サウンド」を「なし」に設定すれば問題ないのではないかと感じるかもしれません。しかし、この場合はバイブレーションもしません。バイブのみにするのが意外にも難しく感じるのです。

 

スポンサーリンク

 

iphoneのアラームをバイブのみにしているかを最初にまずは確認をしておきましょう。それをするには[設定]をタップして設定画面を出します。

 

そして[サウンド]を選択するとサイレントという項目のところにバイブレーションをオンにするかオフにするか決めることができます。ここをオンにすることで、バイブレーションをアラーム中に作ることができるのです。

 

また、[設定]のアラームで[サウンド]を設定しておかないとバイブレーションもしません。よって、「なし」にしたらバイブをしませんが、普通の音や曲を設定してしまうと、サイレントモードでも音が鳴ります。そこでどうすれば良いのかというと、サウンドに無音を設定するのです。

 

ちょっと意味が分からないと感じるかもしれませんが、着信音を消すことができない以上、「音のない着信音」を設定してあげればいいのです。

 

そうすれば、音は流れているのだが、無音なので聞こえないし、バイブはしっかりと機能していますので、実質にはバイブのみのアラームが完成するのです。

 

 

無音着信をダウンロードしよう

 

iphone アラーム バイブのみ 設定方法

 

では、無音の着信音はどうすれば手に入れることができるのでしょうか?これは、iTunesで自分で作ることもできるのですが、ちょっと面倒と感じるかもしれません。

 

そこで、「iphone アラーム 無音」で検索すると、無音着信音のダウンロードをできるページが表示されますので、そこからダウンロードして使うのが手っ取り早いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ただ、これはiphoneでは操作できませんので、必ずパソコンで行う必要があります。パソコンでダウンロードをしたらUSBでパソコンとiphoneを繋いで、iTunesを起動します。

 

そこから、ダウンロードした音楽ファイルを移動させることで、iphoneからでもその着信音を使うことができるようになります。

 

iphoneはとても便利ですが、バイブのみでのアラーム設定方法は何も手を加えない状態では達成することができません。そのためバイブのみのアラームをすることを諦めている人もいるでしょう。しかし、この方法を使えば、誰でもバイブのみのアラームをすることができます。