phoneの画面が自動で回転…ロックする方法

iphone 画面 回転 ロック方法

 

iphoneでは、本体を横にするとアプリによっては自動的に画面も横向きに調整されたりします。

 

縦ですとどうしても文字が小さくなり見えにくいと感じたり、横向きのほうがワイドになり操作性が向上する場合など、基本的には縦で使っているiphoneを横で使うこともあるでしょう。

 

しかし、この操作はかなり繊細なため、横向きにしたくないのにちょっとした角度のズレで自動的に横向きになり、操作が難しいと感じる人もいることでしょう。実は、iphoneでは画面が自動的に回転するのをロックし、常に縦画面で操作することが可能です。その方法について説明していきます。

 

iphoneのiOS6とiOS7で操作方法が少々違いますので、この二つを主に取り上げて、画面が回転するのをロックさせる方法を説明していきます。

 

 

iphone 画面 回転 ロック方法

 

まず、iphoneのホーム画面を表示させます。スマホは指でなぞることで操作を可能とさせますので、この場合においてもタップしたり、スワイプしたりすることで画面を変更させることができます。

 

ここで利用するのは、画面を上下にスライドさせるという方法です。

 

この上下にスライドさせる方法を「スワイプ」と呼ぶのですが、まずはホーム画面を下から上に向かってスワイプさせてみてください。具体的には、画面下にある電話アイコンなどがあるところから、画面上にまで指をスっとなぞるような感じです。

 

スポンサーリンク

 

これをすることで、[コントロールセンター]が表示されますので、そこから画面ロックをしていくようになります。[コントロールセンター]のメニュー画面が表示されましたら、右上にある[画面ロックアイコン]をタップして、画面向きを縦向きにロックすることができます。

 

画面ロック後は[コントロールセンター]を閉じるのです。これにより、本体を横向きにしても、縦方向にしか画面が固定せずにしっかりと対応を取ることができるようになるのです。

 

では、画面の向きのロックを解除するにはどうしたらよいでしょうか?それには、先ほどの手順の逆をすればよいのです。

 

まずは、画面下部から上部にスワイプして[コントロールセンター]を表示させます。次に[画面ロック]アイコンをタップして、画面ロックを解除するようにします。

 

その後、[コントロールセンター]を閉じるのです。この手順で画面ロックを設定するのも解除するのも可能となるのです。

 

 

iOS6の場合はやり方が違う…

 

iphone 画面 回転 ロック方法

 

iOS6の場合は、iOS7とは操作方法が変わってきますので注意をしましょう。まずは、[ホーム]ボタンといって、本体の一番下にあるボタンを素早く2回押します。

 

スポンサーリンク

 

するとマルチタスク画面が表示されますので、この画面を左から右へ[スワイプ]をしていくのです。そして[画面ロック]アイコンをタップすることで、画面のロックをすることが可能となります。

 

iphone 画面 回転 ロック方法

 

解除するには、先ほどと同じようにホームボタンを素早く2回押して、マルチタスク画面を表示させます。そして左から右へスワイプをして[画面ロック]アイコンをタップすることでロックが解除されるようになるのです。

 

最後に[ホームボタン]あたはホーム画面部分をタップすることで、ホーム画面に戻ります。

 

以上の方法をすることにより、画面の向きをロックさせることが可能です。普段から煩わしいと感じていた画面の自動調整をロックできるので必見です。

 

iphoneでは、操作が難しい部分が多いということも言われていますが、それでもある程度わかってさえすればとても便利に扱えるスマホですから、基本的な操作は知っておきましょう。