iphoneがアップデートできない3つの原因

iphone アップーデートできない原因

 

iphoneを初めとするスマートフォンは、単なる携帯電話としてではなく、パソコンをしのぐ便利な情報端末として扱われています。

 

情報を得るための通信機器という側面が強いため、安心安全に最新の利用するためには、OSやアプリのアップデートが欠かせません。しかも、トラブルなく使うためには、頻繁にアップデートする必要があります。

 

iphone アップーデートできない原因

 

ところが、「アップデートができない」「できたと思ったのに、どうも画面の様子がおかしい」と悩んだ経験のあるiphoneユーザーは意外と多いようです。もちろん、それはiphoneユーザーだけでなく他のスマホにも言えることです。

 

でも、iphoneは、softbankだけでなく、docomoやauでも取り扱われるようになったため、ユーザー数が他の機種より多いのです。つまり、その分「アップデートできないのは自分だけ?それとも、ほかのユーザーも?」と慌てている人数も多いわけです。

 

スポンサーリンク

 

そこで、iponeユーザーがアップデートできないと慌てるパターンを3つ挙げてみることにしました。アップデートできずに慌てている人は、自分だけではないことを知って安心してください。そして、あきらめずに解決法を探して、アップデートを完了させましょう。

 

 

サーバーがダウンしている

 

iphone アップーデートできない原因

 

AppStoreでアプリのアップデートができないという声はよく聞かれます。AppStore自体につながらない場合は、一部のサーバーがダウンしていることも考えられます。

 

でも、数回試みてもつながらないときは、一旦あきらめてしばらく時間が経ってから再度チャレンジしてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

Apple IDに問題がある場合は、一度ログアウトしてからもう一度ログインすると入れる場合があります。AppStoreにつながって、アプリのダウンロードを試みたのに、ダウンロード途中でインストールが切れる、進まない、保留のままでアップデートできないということも少なくありません。

 

前のユーザーが使っていたIDが関係してアップデートできない場合もあるそうです。その場合は、該当のアプリをすべて削除して、改めて自分のIDでアプリをダウンロードしてみましょう。

 

 

不具合が起こったまま戻らない

 

iphone アップーデートできない原因

 

iOSのアップデートはパソコンを使って行う場合と、使わずに行う場合があります。しかし、iphoneのみでアップデートを行う方が、パソコンを使ってアップデートするより、さらに早くできます。

 

アップデートできないパターンとしては、途中で充電が切れて、不具合が起こったまま戻らないというパターンがあります。

 

Wi-Fiの不安定さが原因で起こることもあります。更に、リカバリモードに入って戻らなくなるパターンもかなりの人が体験しているようです。

 

このような状態でアップデートが止まると、先試行では済まず、データを復元しなければならないこともあります。iOSをアップデートする場合は、途中でデータが喪失する可能性があるため、必ずバックアップデータを取っておくようにしましょう。

 

 

iTunesをアップデートしたらバグが起こることも…

 

iTunesをアップデートしたら、iphone自体の認識をできない状態になったという声もよく聞かれます。認識しないのですから、次のアプローチに困りますね。

 

しかし、iTunes自体のアップデートできなくないというパターンより、iTunesをアップデートしたら、データが全部消えてしまった、開かなくなったという物の方が多く、表示の言語が日本語から英語に切り替わってしまったというパターンもたまにあるようです。

 

トラブルによっては、iTunesをアンインストールして、再度インストールしなおすのが一番の近道となりますが、iphoneをアップデートしたら○○できなくなったという意見が多い分、ネット上にも解決法が数多く紹介されていますので参考にしてみて下さい。