iphoneに保存されている連絡先を、アドレス帳に移行する方法

iphone 連絡先 アドレス帳 移行方法

 

iphoneの便利なところは他の製品ともデータやりとりがスムーズに進むことです。たとえば、iphoneで使っている連絡先が記載されたアドレス帳もパソコンに保存したり移行することが可能です。これができることで、iphoneを紛失したり、データが消去された場合のバックアップ機能を果たすこともできるので重宝されます。その使い方について説明します。

 

 

iTunesに移行する前に

 

iphone 連絡先 アドレス帳 移行方法

 

この方法を利用する場合には、操作完了までにパソコン環境によって20分以上時間がかかることがあります。

 

また、使用するパソコン環境によっては、使用できない場合もありますので注意しておきましょう。一応対応しているものは、Windows XP(Service Pack 3)、Windows Vista、WindowsR 7、Windows 8になります。

 

Windows XPRに関しましては、2014年4月9日をもちましてマイクロソフト社のサポートが終了いたしました。今後、プログラムが更新されずセキュリティ上危険性をもたらす可能性がございます。詳しくはマイクロソフト社のサポートページをご参照ください。

 

スポンサーリンク

 

そしてiTunesは最新バージョンで利用することが前提条件となります。もし最新バージョンでなかった場合にはホームページに進みアップデートをすることが必要でしょう。iTunesがそもそもインストールされていない場合は、PCにインストールをしておく必要があります。

 

 

iCloudを使ってバックアップしておこう

 

iphone 連絡先 アドレス帳 移行方法

 

さて、上記の項目では事前準備としてパソコン環境やiTunesのインストール状況を説明していきました。いよいよここからはiphoneの連絡先が貼っているアドレス帳をPCに移行する方法を説明していきます。

 

まずは、iCloudの設定をiphoneで行わなければなりません。iphoneのホーム画面から[設定]をタップすると[設定]管理画面に切り替わりますので、その画面の中にあるiCloudをタップします。

 

すると、PCと同期をするデータをどのようにするか自分で決めることができますので、[連絡帳]と書かれたところの右側にある「オン/オフ]のバーをタップしてオンの状態にします。

 

これでiCloudによってiphoneの連絡帳がPCと同期できる環境になったことをあらわしています。

 

スポンサーリンク

 

ここから、iphoneとパソコンを接続するのですが、その前にiTunesの「自動同期」の設定が停止になっているかどうかを確認します。「自動同期」が停止していない場合には、データが消去したり重複する可能性があり手間がさらにかかりますので、ここで一旦確認をしておきましょう。

 

確認方法は、パソコンで「iTunes」を立ち上げ画面左上にある[設定]アイコンをクリックします。

 

するとメニューバーが表示されますので、[設定]をクリックします。表示された設定画面にある[デバイス]を選択して、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択します。

 

 

連絡先アドレス帳を移行するには?

 

iphone 連絡先 アドレス帳 移行方法

 

上記までの方法でiTunesに連絡先を移行する手段が整いました。ここからアドレス帳を移行する手続きに入ります。

 

まず、iTunesを立ち上げて、画面上部にある「情報」をクリックして「連絡先の同期先」にチェックをいれます。「連絡先の同期先」に希望の保存先が表示されているか確認します。

 

「連絡先の同期先」に希望の保存先が表示されているか確認します。

 

そこまで完了したら、「切り替える」という項目を選択すると、「連絡先をwindows contacts」に切り替え中というバーが表示されますので、これがマックスになるまで待ちましょう。それが完了したら、連絡先アドレス帳の移行が完了したことになります。