iphoneのキャリア別・留守電を設定する方法

iphone 留守電 設定方法

 

iphoneは非常に便利ですが、ガラケーから乗り換えた人にとっては最初は機能の違いに多くの人が驚かされたのではないでしょうか。それだけiphoneは多機能であり、通常の携帯電話とは違う場所にいるのです。

 

さて、iphoneで困ったことが発生しています。それは「留守電設定が分からない」というものです。ガラケーであればすぐに設定できたものも、iphoneをはじめとすうスマホでは中々思うようにいかないということもあるでしょう。

 

そこで、iphoneで留守番設定をするにはどうしたらよいかを説明していきます。

 

 

softbankの場合

 

softbankのiphoneで留守番設定をするには、2種類の方法があります。ひとつめは、誰もが無料で利用でき、本体から設定することができるものです。

 

ふたつめは、月額315円が基本オプションパックに加入し電波がない場所にいてもメッセージを残せるものです。しかし、こちらは月額使用料が発生しますので、誰でも使うことができる、本体設定について解説をしていきます。

 

まずは、ホーム画面にすすみ[設定]をタップしましょう。そこから「電話」の設定をタップして、画面を切り替えさせます。

 

その画面の一番下にある「ソフトバンクモバイルサービス」をタップし、「留守番電話 ON」をタップすることで、登録の設定が完了します。

 

「登録の設定が完了しました。音声自動電話転送呼出あり」というメッセージが現れますので、これが出てきたら登録が完了した合図になります。

 

スポンサーリンク

 

さて、留守電が実際に届くとアイコンにバッジがつきます。留守電に発信すれば、留守電内容を確認することができるようになります。アイコンのバッチが消せないという人は、センターに保存されているメッセージを消すことで消去することができます。

 

留守番電話の有料オプションを利用すると、メッセージ保存期間が長くなったり、メッセージ保存件数が増えたりという便利な機能を使うことができるのですが、そこまで手厚いサービスはいらないということであれば、無料版でもなんら問題はないでしょう。

 

 

auの場合

 

au版iphoneでは留守番電話が2種類あります。それは無料で本体の設定から進むことができるものと、有料でお金を払って様々なサービスを使いながら行うというものです。今回は、無料設定の方法を説明します。

 

スポンサーリンク

 

まずは、ホーム画面から[設定]をタップして[電話]を選択します。すると画面が切り替わりますので、その中央部にある[KDDIサービス]を選択します。すると再び画面が切り替わりますから、その画面にある[お留守番サービスの開始]をタップすると電話がかかります。これで設定は完了です。

 

自分で意図的に停止していなければ、通常はお留守番サービスはONになっているはずです。留守電が届くと、右下の「留守番電話」にバッジがつきます。留守番電話に発信すれば、留守電内容を確認することができます。

 

有料版の「ビジュアルボイスメール」についてもすこしだけ説明をしておきます。auで使うことができる有料の留守番電話サービスになります。

 

これはキャリアサービスとなっていますので、auに電話をして申し込み手続きをして設定をする必要があります。伝言保存件数は、3分が99件まで可能となり、伝言保存期間は無料では48時間ですが、1週間まで可能となります。

 

こうした様々なサービスを有料版では体験することができるのですが、ここまでの機能はいらないというなら無料版でも不便を感じることはないでしょう。