iphoneの連絡先を簡単に交換できるおすすめアプリ

iphone 連絡先 交換アプリ

 

フィーチャーフォンの場合は、赤外線を使用して連絡先を交換していました。いちいち相手のアドレスを紙にメモして、メール作成画面で宛先のところでチマチマと打ち込んで入力する手間が省けたこともあり、その当時は画期的なシステムでした。

 

ところが最近はスマートフォンが主流となり、赤外線機能がついていないスマホも登場しているのです。

 

その最もな例がiphoneになります。赤外線が付いていないのであれば、どうやって連絡先を交換すれば良いのか不安になる人もいるようですが、実は、iphoneではとても簡単に連絡先を交換することができるのです。その方法について記載していきます。

 

 

オールマイティQRコードを使おう

 

iphone 連絡先 交換アプリ

 

iphoneの連絡先を交換するには「オールマイティQRコード」を利用します。これはケータイ時代に活躍したクーポンの利用やメルマガ登録で活用していたQRコードを利用して、電話番号やメールアドレスを相手に読み取ってもらうという手段になります。

 

QRコードを使うことで、教える内容を選らんでコードを自分で作成することができますし、ケータイの人にも送ることができるという利点があります。

 

この方法を使用するには「アドレス交換 Lite」というアプリをダウンロードする必要がありますが、無料で備わっていることもあります。

 

まずは、そのアプリを起動して初期画面を表示させます。すると、QR読み取りや作成、現在地メールなど様々な項目が表示されますので、[QR作成]を選択して連絡先のQRコードを自分で作っていきます。

 

スポンサーリンク

 

連絡帳に登録してある連絡先のQRコードを作成することができますので、あらかじめ自分のプロフィールを連絡先に登録しておきましょう。連絡先に登録してある項目のうち、相手に教えたい項目をチェックしてQRを作成することができます。

 

もちろん、相手に全てを教えることができますし、最初のものだけを伝えたい場合には自分でカスタマイズすることが可能です。

 

以前の赤外線通信の場合は、登録してあるプロフィールが全て送信されましたので、相手によって送りたい情報を変えたいと思っている場合にこのQRコードを作成するのはとても便利な機能となるのです。

 

さらに「アドレス交換 Lite」のスゴイところは、どこの会社でもQRコードを作成することができるということです。主用3社やiphone用のQRコードを利用することができるので、相手によって送れないという問題が発生することがありません。

 

 

連絡先交換は「Bump」がオススメ

 

iphone 連絡先 交換アプリ

 

上記ではiphoneと違う機種でのアドレス交換においてみていきましたが、ここではiphone同士の連絡先交換のもっとも簡単な方法を説明していきます。iphone同士であれば、専用アプリである「Bump」を使うと一瞬で連絡先交換ができます。

 

スポンサーリンク

 

Bumpをインストールしてあるiphone同士をぶつけるだけという手軽さが評判で最近は多くの人が使用しています。検索をすればすぐにインストールすることができるので、連絡先交換が面倒と思っている人にとってはまさに打ってつけのアプリであることは間違いありません。

 

最近のスマホは事前についている機能はそこまで多くはなく、そのほとんどが購入後に自分でアプリとして取得するのが通例となりつつあります。

 

こうすることで無駄を省いた自分だけのスマホを手に入れることができるので、かなり役立っている反面、面倒なことが増えたと嘆く人もいます。

 

iphone同士でぶつけるだけで連絡先を交換できるこの機能は、まさに新しい連絡先交換方法として注目されているだけでなく、斬新な仕組みに驚かれることでしょう。