iphoneで間違って消したメールを復元する方法

iphone 消したメール 復元方法

 

iphoneの操作に慣れていない人はうっかりと大事なメールを消去しちゃうことがあるかもしれません。

 

パソコンなどのメールソフトは一旦ゴミ箱に入るので助かりますが、iphoneの場合には、もう復活することが出来ないような状況になります。大切なメールであればあるほど、焦りが生じますしどうにかしなきゃと不安になるでしょう。

 

iphoneでメールを復元することは本当にできるのか?疑問に思っている人は多いと思いますので、この点について説明していきます。

 

 

無料アプリでメールを復元できる

 

iphone 消したメール 復元方法

 

iphoneでメールをやりとりしてて、うっかり消してしまった場合、誰もが顔が青ざめるような事態になった時に「ああ、復元する方法があればな」と感じてしまうこともあるでしょう。操作になれていないならば当然のことです。

 

大切なメールが消去した。誰もが考えたくない環境ですが万が一そうなった時でも、メールを復元する方法はしっかりとあります。それは外部からアプリとしてダウンロードするだけというから驚きです。

 

スポンサーリンク

 

そんなときはiPhone・iPad・iPodデータ復元ソフト「Dr.Fone for iOS(Win版)」を使うことが望まれています。このアプリは無料で使うことができますので、どれほどの威力を持っているのかをまずは確かめてみるのが良いでしょう。

 

これがあれば、万が一の事態が発生した場合においても、メールの復元を試みることができるようになります。

 

 

Dr.Foneの使い方

 

iphone 消したメール 復元方法

 

iPhone・iPad・iPodデータ復元ソフト「Dr.Fone for iOS(Win版)」は、メールが消去したときにそのメールだけを復元するソフトです。専用となっていますのでそれだけ特化した機能を体験することができます。

 

この項目では、このアプリの操作方法について説明をしていきます。

 

iphone 5S、iphone 5C、iphone 5、iphone 4S、iphone 4、iphone 3GSなら、二つの復元モードが選択できます。「iOSデバイスから」または「iTunesバックアップファイルから」より、アイフォンのデータ(メッセージ、連絡先(コンタクト)、通話履歴、カレンダー、ノートなど)をスキャンし、復元できます。

 

スポンサーリンク

 

まずは、上記のソフトをインストールしましょう。手順どおりに進めば問題なくダウンロードできるので手軽に行うことができます。それが終わったら、次にパソコンとiphoneをUSBで接続します。

 

その後インストールしたDr.Fone for iOS(Win版)を立ち上げます。すると、画面に操作手順が表示されるので、手順どおりにiphoneを操作します。その後、[開始]ボタンをクリックすると、自動的にiphoneを分析開始がスタートするので、しばらくそのままスキャンが終了するまで待ちましょう。

 

すると画面が切り替わり、iphoneのデータが自動的に抽出されて画面に表示されるようになります。この表示された画面を見ると消去したはずのメールなどが一覧として表示されていることを確認したら、画面の一番右下にある[復元]アイコンをクリックして復元がスタートします。

 

たったこれだけで、大切なメールを復元することができるのですから驚きです。「Dr.Fone for iOS(Win版)」はパソコンでインストールする必要がありますが、万が一の場合に備えてインストールしておくことをオススメします。

 

iphoneそのものには復元する機能が備わっていません。そのため消したデータは元通りに戻らないというのが一般的です。しかし、上記で紹介しているソフトを利用すれば、消えたデータを復元できるので、重宝されるでしょう。