iphoneでメールを送るときに文字化けしない方法

iphone メール 文字化けしない方法

 

iphoneを使うのに慣れてしまった人は、生活の一部となり仕事でもプライベートでも利用します。仕事のメールチェックやプライベートでのSNSなど休憩時間や仕事帰りなど、ついついチェックしてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

そんな便利なiphoneですが、メールを送信したときに文字化けが発生してしまうことも多いようです。ほとんどがメールソフトの機能を用いることで文字化けを修復することが可能であり、簡単に読めるように変換することができると言われています。

 

ここでは、文字化けの原因とその直しかたについて説明をしていきます。

 

 

メールで文字化けする理由

 

iphone メール 文字化けしない方法

 

なぜメールを送るときに文字化けが発生してしまうのでしょうか?これは、iphoneに限らずとも発生する可能性がありますので、是非理由を覚えておきましょう。まず、文字化けをするほとんどの原因として、特殊な文字コードを利用していることが挙げられます。日本語の文字コードは主要なものだけでも3種類あります。

 

もともとコンピュータはアメリカで発達したため、文字コードはASCII(American Standard Code for Information Interchange)、1バイト(7ビット/8ビット)ものの文字コードのみが前提として開発されてきました。俗に言う半角英数字のことです。

 

しかし、日本などがコンピュータを導入するとなると、この1バイト文字のASCIIでは表現しきれませんので、日本語を表示させるための文字コード(漢字コード)が各種団体で開発されることになりました。そして、この漢字コードが主なものだけでも3種類あるという訳です。

 

スポンサーリンク

 

その3種類とは、JISコード、シフトJISコード、EUCになります。この中でも頻繁に使われているのが、シフトJISコードになります。ただこれは一般的にはパソコンに限った話になりますので、iphoneとはちょっと違うかたちになります。

 

シフトJISコードは、初期値では、この文字コードと考えて間違いないでしょう。ASCIIとは違って、8ビット文字です。Microsoft社によて提唱されましたので、MS漢字コードとも呼びます。メールを書く時はこのシフトJISで良いのですが、送信される環境によっては文字化けが起こる可能性が高くなります。

 

iphoneで文字化けが起こった場合には、日本語の特殊な文字コードが原因であると考えられますので、この場合はエンコードすることで解読できるようになります。次回の項目で対処法について説明していきます。

 

 

文字化けしたときの対処法

 

iphone メール 文字化けしない方法

 

iphoneのメールで文字化けがした時には、まず[設定]で設定画面を開きます。その項目の中にある[メール/連絡先/カレンダー]と書かれた項目をタップして別の画面に切り替えます。この項目を下にスクロールしていくと、[署名]という欄があります。

 

スポンサーリンク

 

通常は「iphoneから送信」と書かれているのですが、この「iphoneから送信」の最後に「コマンド」を入力してあげます。すると「iphoneから送信?」という風になりますので、これで保存をします。

 

こうするとメールの文字化け送信を防ぐことができます。ただし、添付ファイルがあるメールでは文字化けを直すことができないという事例もありますので、必ずしも万能ということではなさそうですが、それでも十分に実用する価値はあります。

 

iphoneを使っていて誰もが一度は体験したことがあると言われている文字化け。たまにしかおこらない人であっても、原因と対処方法を知っておけば、困った人を助けることもできるでしょう。それだけ簡単ですが、実用性がある対処法なのです。