iphoneでメールを一斉送信できる簡単な方法

iphone メール 一斉送信方法

 

iphoneにおいて、メールアドレスが変わったときに、電話帳ひとりひとりにアドレス変更通知を送るのはとても面倒なことです。登録している人が多ければ多いほどその問題はさらに浮上することになるでしょう。

 

では、iphoneにおいてメールを一斉送信をすればよいのでは?と考えるかもしれませんが、これをするとキャリア規制が発生してしまう危険性があります。そのところについて説明をしていきます。

 

 

一斉送信したときのデメリットとは

 

iphone メール 一斉送信方法

 

iphoneでメールを一斉送信をすることは可能です。これであればアドレス帳に多くの人が登録されている場合においても送信をすることができます。

 

しかし、一斉送信を数十件〜数百件をいっぺんにしてしまうと、キャリア規制がかかってしまい、24時間はメールを送信することができなくなります。これは一斉にメールを送っていることで、「迷惑メール業者」だと認識してしまうので、その措置のようです。

 

24時間もメールを送ることができなくなったらそれこそ大変な騒ぎになりますし、仕事でメールを頻繁にしている人にとっては仕事にも支障をきたす恐れがあり困ったことにもなるでしょう。では、一斉送信をしても規制が発生しないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

それには、連絡先が多くても一斉送信をする回数を増やして1回で送る数を少なくするほかありません。

 

キャリアによって、どの程度の送信をすることで規制が発生するのかは分かれていきます。softbankの場合は、24時間以内に500件以上宛先にメールを送信したり、一度に20件以上にメールを一斉送信などした場合に、規制がかかる恐れがあります。

 

auなどでも恐らく同じような基準が設けられているとも言われていますから、やはり一斉送信にはそれなりのリスクが伴うことを承知しておかなければなりません。

 

そのため、完全手動で5件ずつ一斉送信をするか、アプリを使って自動で分割一斉送信をするという方法をするのが無難でしょう。

 

しかし、1回5件ずつに送るというのは手間がかなりかかるだけでなく、時間ももったいないですし面倒な作業です。そこで、今回は便利なアプリのほうも紹介を次の項目でしていきます。

 

 

メールをスムーズに一斉送信できるアプリ

 

iphone メール 一斉送信方法

 

iphoneでは一斉送信をすると「迷惑メール業者」ではないかとの指摘を受けることになることを先ほど説明しました。そこで、iphoneの一斉送信アプリ「一斉送信/アド変メールならGroupMail(送信制限を回避できます)」を利用することが理想となります。

 

このアプリは85円の有料アプリになりますので、使う人は注意をしてもらいたいのですが有料だけありかなり便利な機能が搭載されています。主な特徴としては、メールは自動的にBCCに登録してくれ、指定した数で分割送信が可能となります。さらに、送信したグループをブックマーク可能になりシンプルで使いやすいインターフェースとなっています。

 

スポンサーリンク

 

では実際に使い方について説明をしていきます。まずこのアプリをインストールして起動させます。すると「メールアプリを起動」と「メッセージアプリを起動」というふたつを選択することができます。今回はメールのほうで説明をしていきますので、メールのほうをタップして選択してください。

 

すると「送信リスト」という画面になりますので、一番右上の[+]アイコンをタップして連絡先から送信したい人を全て選択しましょう。

 

完了したら連絡先の選択画面左にある[完了]をタップして「送信リスト」画面に戻ります。次に下のほうにある「同時に送る宛先数:全て」をタップして、「1度の送信宛先数」を入力します。

 

最初は5件をオススメします。宛先数を決めたあとは「送信リスト画面」右下の「送信」をタップします。

 

たったこれだけで、5件ずつのメールを何回も繰り返してくれるというすぐれものです。