iphoneのショートメールを簡単に使いこなそう

iphone ショートメール 使う

 

iphoneでは通常のキャリアメールだけではなく、電話番号を利用したメールを利用することができ、簡単な文章等であれば問題なく送ることができます。

 

相手のメールアドレスを知らないが、電話番号だけなら知っているという場合にも使うことができるので、活躍の幅は広がっています。

 

最近は災害情報を知らせるときにも、このショートメールが使われることがあります。それだけ活躍の幅は広がっているのです。

 

しかし、キャリアメールですらあまり使われなくなった現状において、ショートメールを使いこなせている人は果たしてどの程度いるのか不明です。いざという時のために、ショートメールの使い方を知っておきましょう。

 

 

ショートメールの新規作成とは?

 

iphone ショートメール 使う

 

iphoneでショートメールを新規作成して送信するまでの手段を説明していきます。機種や携帯会社によって呼び方などは変わりますが基本的に操作方法は一緒です。

 

まず、iphoneのホーム画面を表示させます。そこから[メッセージ]と書かれたアプリがありますので、これをタップします。

 

タップしたらアプリが起動して[メッセージ]とかかれた画面になりますので、そこから画面の右上にある[新規メッセージ]アイコンをタップして、新規メッセージ入力画面へ移動します。

 

スポンサーリンク

 

新規メッセージ入力画面になったら、宛先をまずは入力しましょう。直接入力できるバーが用意されているのと同時に、その右側には[連絡先]アイコンがありますので、そこをタップすることで連絡先データを表示することができます。そこから、該当する人を選択して設定することができます。

 

宛先が入力終わりましたら、次は本文を入力していきます。これはキャリアメール等と同じ要領で入力していくことができるので、そこまで難しいことはありません。

 

本文まで入力が完了したら、[送信]ボタンが画面の右側にありますので、そこをタップしてください。これでショートメールの新規作成と送信をすることができました。

 

 

メッセージを確認する方法

 

iphone ショートメール 使う

 

上記の項目では、ショートメールの新規作成と送信方法について記載しました。今度は、相手から送られてきたショーとメールをどのようにすれば確認することができるのかを見ていきましょう。

 

まずは、ホーム画面を表示させ[メッセージ]アイコンをタップします。すると、[メッセージ]と書かれた画面が表示され、受信されたメッセージが画面に表示されるようになります。

 

自分が確認したいメールを選択すると、その中身を見ることができるようになります。その内容に返信することもできますが、メッセージの機能はチャット形式にようになっており、本文内容を見ながらすぐに返信をすることが可能です。

 

スポンサーリンク

 

返信するには、画面の一番下にある返信文字入力バーに任意の文字を入力して送信をすれば完了です。これらはすべてsoftbankのショートメールになります。

 

尚、この場合は画面左側には[カメラ]アイコンがありますので、写真を載せることもできるのです。簡単なように見えて実はとても高性能なのが、ショートメールということになります。

 

豆知識として、SMS/MMSは送信方法によって区別されます。MMSにとして送信される条件としては、宛先を電話番号ではなくメールアドレスで作成した場合。件名を入力して作成をした場合。

 

本文に写真や画像などのファイルを添付して作成した場合にMMSメッセージになります。

 

これを作成にするには、最初に[設定]をタップして[メッセージ]を選択し、[MMSメッセージ]をオンに切り替えます。オフのままではSMSとしての送信になりますので注意をしてください。