iphoneをテレビに接続してフルHDで見る方法

iphone テレビ接続 フルHD

 

iphoneはとても便利な通信端末です。でも、ダウンロードした動画や自分で撮った映像などを見るときは、あの画面、ちょっと小さくて見にくいと感じることがありますね。

 

自宅の大きなテレビ画面になれているせいでしょうか?いっそのこと、あの画面で見られればいいのに…なんて思ってしまいます。

 

それなら、本当に見られるようにしてしまいましょう。大きな画面で動画を見られれば、迫力満点ですからね。要はiphoneとテレビを接続してしまえばよいのです。

 

 

大画面テレビに接続しよう

 

iphone テレビ接続 フルHD

 

iphoneがあればノートPCを持ち歩く必要はないと思えるほど、iphoneの機能は充実しています。しかし、ビジネスの場で使おうと思うと、使いにくい部分はあります。

 

例えば、プレゼンする場合はどうでしょうか?会議室のプロジェクターや大型のテレビモニターがiphoneに接続できる機種とは限らないため、重いノートパソコンを持ち歩かざるを得ないと考えている人も多いはずです。

 

でも、逆に考えると、iphoneの画面をプロジェクターやテレビモニターに簡単に接続できて、大画面に映し出すことができたらいいわけですよね?そうなれば、わざわざ重いノートパソコンを持ち歩かなくても、iphoneだけで事足りるということになるわけです。

 

スポンサーリンク

 

実は、AirPlayミラーリング機能を利用すれば、iphoneの画面を大型のテレビ画面に接続して映し出すことが可能なのです。方法は2つ。1つは、Windows PCとAirServerかReflectorを間に接続する方法です。AirPlayのミラーリング機能を使ってiphoneの画面をプロジェクターやテレビモニターに大きく映し出します。

 

Windows PCとプロジェクターやテレビモニターを接続してやれば、あとはiphoneとWindows PCを同じWi-Fiに接続してやるだけで大きく映し出すことができるのです。しかし、この場合は、相手先にWi-Fi環境とWindows PCに接続されたプロジェクターやテレビモニターがなければなりません。

 

もう1つは、Apple TVを利用する方法です。Apple TV とは、iTunes Storeのコンテンツを接続済みのテレビ画面上で再生したり、iphoneの画面上で見られるコンテンツをテレビに転送して見たりするためのセットトップボックスです。

 

Apple TVにHDMIケーブルと電源コードを接続し、HDMIケーブルの方をテレビと接続します。もし、プロジェクターやテレビモニターがHDMIに対応していないようなら変換機を利用します。あとはApple TVを起動し、Wi-Fiのネットワーク環境を設定してやります。次に、AirPlayの設定をしてやれば、ミラーリング機能が利用できます。

 

 

フルHDで見るには?

 

iphone テレビ接続 フルHD

 

最近はフルHDで画像を表示できる大型のテレビモニターやプロジェクターが増えてきました。そのおかげで、HDMI接続すればiphoneの画面上の映像を1920×1080ピクセルのフルHD画像として大型画面に映し出すことができるようになりました。

 

と言っても、これは、単にミラーリングされているのではなく、フルHDの画像に切り替わった上で、別のストーミングとして表示されているのです。そのため、環境さえ整っていれば、iphoneに保存されているフルHDの画像を出先でも高画質で見ることができるわけです。

 

スポンサーリンク

 

もちろん、iOSでフルHDの動画を途切れることなくスムーズに再生するためには、前もって動画を圧縮して、どのようなCPUレベルの機械でも再生できるようにしておかなければなりません。つまり、ブルーレイディスクやデジタル放送の内容をそのまま再生できるわけではないのです。

 

とはいえ、Apple Digital AVアダプタを介してテレビモニターにiphoneを接続すると、iphoneの画面がそのままテレビモニターに映し出されます。高画質の画像をフルHDで映し出す場面では、ソフト上で回路を切り替えながら動作しているわけです。

 

このように、iphoneをテレビと接続してやることで、大きな画面で綺麗な画像を楽しむことができるのです。これらは、あの小さな機械の中に組み込まれた大きな機能と言ってよいでしょう。ぜひ、大画面で楽しんでみてください。