これでバッチリ!機種変更に伴うiphoneのデータ移行の方法

iphone 機種変更 データ移行

 

「iphoneを新しくしたい」または「新しくiphoneを購入したい」という場合、機種変更に伴ってデータ移行が必要になります。そこで、今回はiphoneから新機種のiphoneへ、Androidからiphoneへという2パターンに分けてデータ移行の方法をご紹介します。

 

 

旧機種からのデータ移行

 

iphone 機種変更 データ移行

 

旧機種のiphoneから新機種のiphoneに機種変更する場合ですが、まずは、データ移行する前に、iTunesを最新版に更新しておくようにします。旧タイプのままだと、最新版にするよう促されますので、その手順に沿って更新してください。

 

次にiphone のバックアップを取ります。機種変更におけるデータの移行は、バックアップの復元手順と似ています。

 

旧機種のiphoneをパソコンにつなぎ、まずはiTunesとiphoneの同期をします。そして、次に、iTunesのメニュー上で接続しているiphoneの機種を探し、そのうえで右クリックします。「購入した項目を転送」というメニューを見つけてクリックし、購入したものがiphoneからiTunesへとコピーされるようにします。

 

スポンサーリンク

 

更に、機種名の上で右クリックして「バックアップ」をクリックし、バックアップを取ります。

 

なぜ、このような手順を踏むかと言うと、「同期」ではアプリや写真等、「バックアップ」では各アプリ内の設定データ、「購入した項目を転送」では、iphoneで購入した有料の音楽や動画などと、少しずつ引き継がれる項目にずれがあるからです。

 

この後、機種変更した新しいiphoneをパソコンにつないで復元させます。接続すると、どのバックアップデータを復元するか尋ねられるので、直前のバックアップを選んでデータ移行しましょう。バックアップのデータ移行が済んだら、同期をして完了です。

 

 

Androidからデータ移行

 

iphone 機種変更 データ移行

 

iphoneの旧機種から新機種への機種変更であれば、iTunesやiCloudを使ってデータ移行ができますが、Androidからの機種変更の時はどのようにデータ移行をすればよいのかよくわからないという声がよく聞かれます。

 

と言うのも、AndroidではmicroSDにデータ保存しているため、Android同士の場合は、microSDを差し替えることでデータ移行をするのですが、iphoneでは、そのSDカードが使えないからです。よって、別の方法を取らざるを得えません。

 

まずは、iTunesの代わりになる、バックアップを取る場所を作ります。インターネット上にデータを保存するためのストレージサービス、例えば、Dropboxのようなもののアカウントを前もって作成しておきましょう。アカウントの作成が済んだら、連絡先のデータ移行用にバックアップアプリをダウンロードします。

 

スポンサーリンク

 

アプリを起動したら、「バックアップ」を選んで、保存先を用意しておいたストレージサービスに設定します。スタートを押すとバックアップが始まります。バックアップが済んだら、ひとまず準備完了で置いておきます。

 

今度は、購入したiphoneを手元に置き、iphoneの方でも同じバックアプアプリをインストールします。アプリを起動したら、こちらでは「復元」を選びます。

 

ここではバックアップ先の変更を選び、該当のストレージサービスを選びます。ストレージサービスで設定した必要事項を入力してログインをしたら、復元ファイルの変更を選び、復元させるファイルを選択します。ここまでで、連絡先のデータ移行は完了です。

 

画像も同様に、バックアップアプリを利用してデータ移行します。Android側でバックアップをストレージサービスに取り、iphoneの方でバックアップアプリを起動させて復元させます。画像はデータの量が大きいため、時間がかかりますが、データ移行は可能です。ただし、撮影日時で整理されず、バックアップの日付で保存されます。

 

アプリに関しては、AndroidとiphoneのOSが違うため、そっくりそのまま移動させることはできません。iphoneの方でアプリをダウンロードし直しです。それ以外は上記の手順でデータ移行できますのでお試しください。