イヤホン中にiphoneからアラーム音が鳴り響くのを防ぐ方法

iphone イヤホン アラーム 防ぐ方法

 

iphoneは数あるスマホの中でもユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできる使い勝手のよいスマホです。それなのに、時折「なぜこんな仕様になっているんだろう?」と驚かされることがあります。

 

中でも納得がいかないという人が多いのが「iphoneではイヤホンをつけていても、マナーモードにしていても、アラーム音が本体のスピーカーから鳴り響いてしまう」という事象です。時々、静かなところでiphoneのアラーム音が鳴って焦っている人を見かけますから、困っているiphoneユーザーはかなり多いでしょう。

 

今回は、イヤホンをつけているにも関わらず、本体のスピーカーからアラーム音が鳴り響いてしまうという事象を回避し、イヤホンをつけているときはイヤホンからアラーム音が聞こえるようにする方法をご紹介します。

 

 

iphoneを無音アラームに設定しておこう

 

iphone イヤホン アラーム 防ぐ方法

 

天下のiphoneなのですから、イヤホンをつけているときくらいはアラーム音が本体のスピーカーからではなく、イヤホンから聞こえるようになってくれてもよさそうなものですよね?それなのに、ところ構わず本体から鳴らしてしまうのですから、iphoneの常識破り加減には泣かされます。

 

考えてもみてください。iphoneにイヤホンをつけて、アラームを鳴らすのは、外に音が聞こえるとまずいからですよね?

 

スポンサーリンク

 

例えば、電車の中なら、眠ってしまっても起きられるように、本や勉強に集中してても降り損なわないように、iphoneのアラーム機能を設定するわけです。静かな電車の中で音が外に漏れるとまずいからイヤホンをつけているのに、なんで本体から鳴る設定になっているんでしょう。

 

それなら、無音アラームに設定して、バイブをアラーム替わりにするしかないということなんでしょうか?でも、iphoneのバイブは若干弱めですから、気づかないことも多いはずです。やはり、イヤホンからアラーム音を鳴らした方が、効果的に利用することができそうです。

 

 

イヤホンでアラーム音が鳴るアプリ

 

iphone イヤホン アラーム 防ぐ方法

 

iphoneに標準でついてくる時計アプリを利用すると、アラームが鳴るとき、本体のスピーカー経由で音が鳴ってしまいます。つまり、普通にアラームを設定すると、イヤホンをしていようが、マナーモードにしてようが、スピーカーからアラーム音が鳴り響いてしまうということです。

 

ですから、アラームが本体から鳴るとまずいようなときは、音量をオフにするのが一番よいということになってしまいますが、イヤホンで音楽を聴いているようなときに、音量をオフにするわけにはいきません。何のためにイヤホンをしているのか考えてみれば、そんなことは当たり前です。

 

スポンサーリンク

 

イヤホンをしているときは、まずほとんどの場合、音を楽しむためにイヤホンをつけています。ですから、そこはきちんと音が出る状態を確保しなければなりません。

 

そこで、iphoneに標準装備されている時計アプリ以外のアラームアプリを探してみることにしました。すると、無料のものだけでもかなりいろいろな種類がありましたよ。

 

 

iphone イヤホン アラーム 防ぐ方法

 

iphoneにつないだイヤホンからアラーム音を聞けるようにするアプリは、無料のものでもいくつかあります。例えば、「マイ・アラームクロック」「目覚まし時計Free」「目覚まし時計2.0」などです。

 

これらはどれも、それぞれのアプリに内蔵されているアラーム音とiphone内の曲をアラーム音に設定することができます。自分が起きやすい音に設定できるのはありがたいですね。

 

上記の中でオススメなのは、「目覚まし時計2.0」。と言うのも、このアプリのみバックグランドでロックがかかっていても状態でも設定したアラーム音が流すことが可能だからです。

 

アプリはダウンロードしたら、どのような機能が使えて、どのような機能の使い勝手が悪いかきちんと把握しておきましょう。いきなり外出先の静かな場所で、ぶっつけ本番で使うのはやめた方がいいですよ。