iphone・画像を編集するための便利なアプリとは?

iphone 画像 編集 アプリ

 

iphoneのカメラアプリは機能的に充実しているため、デジカメ代わりに使っている人もけっこういますね。

 

でも、撮った写真をそのままカメラロールに増やしていくだけでは容量を圧迫するだけですし、iCloudのフォトストリームに放り込んでいくだけでは、30日経ったら消えてしまいます。せっかくですから、きちんと編集して残しましょう。

 

iphoneには画像編集に使えるアプリがたくさん用意されています。あまり難しいものだと編集が面倒になり、撮りっぱなしになってしまいがちですが、使い勝手の良いものも数多くあります。一度使って編集してみましょう。

 

 

Appleの画像編集アプリを使いこなそう

 

iphone 画像 編集 アプリ

 

画像編集アプリの「iphoto」は、Apple社製の画像編集アプリなので、iphoneとの相性は抜群です。写真の基礎的な加工や編集を簡単な操作で行うことができるアプリで、最も利用しやすい機能としては、自動補正があります。

 

ワンタップではっきりと色鮮やかな写真にすることができるので、画像の編集をしたことがないという人でも、気軽に使える機能です。

 

もっと他の機能を使ってみるなら、ツールを開けてみましょう。画像の雰囲気に変化を持たせる「エフェクト」機能や、色味を編集することができる「カラー」機能などがあります。

 

画面の下部に出てくるスライドバーで調整できるので、難しく考えなくても簡単に編集作業を行えます。

 

スポンサーリンク

 

いろいろな機能がありますが、特に使ってみてほしいのが「ブラシ」機能です。画像を修正するとき、部分的に明度や彩度に修正を加えたいときに役立ちます。

 

修復を使うと、画像の中で消したいところを消せるので、消しゴムのように消すことを考えがちですが、もっと違った使い方ができるんですよ。

 

iphone 画像 編集 アプリ

 

iphoneで夕景を撮った時など、一部が暗くなりすぎて補正が必要になることがありますが、その時に、全体の明度を上げてしまうと、せっかくの夕景が何の情緒もなくなり無しになってしまいます。

 

そのような写真を補正するときは、明度の上げ方は少しだけにして、暗すぎる部分にブラシの修正を使ってみましょう。夕焼けの空など明るい部分の雰囲気は壊すことなく、暗くなりすぎている部分を明るくすることができます。

 

他にも「iphoto」では、写真を好きな形にトリミングしたり、サイズや角度を変えたりするような編集もできます。

 

PCの画像編集ソフトとほぼ同等のことができるアプリなので、ブログやSNSに写真を投稿する人にはおすすめです。

 

 

PicCollage(ピックコラージュ)で編集する

 

iphone 画像 編集 アプリ

 

PicCollage(ピックコラージュ)は、好みの写真をピックアップしてコラージュを作成するアプリです。

 

複数の写真を切り貼りして1つの作品にしたものをコラージュと言うのですが、通常なら、プリントアウトした後で、写真を様々な形に切って貼り付けるところを、このアプリでは、iphone上で1枚のコラージュ写真に仕上げてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

操作方法がシンプルなので、初心者でも簡単に使いこなすことができます。手順としてはコラージュに使いたい画像を複数枚選んでそれぞれダブルタップして編集を加え、好きな位置に配置して終わりです。

 

iphone 画像 編集 アプリ

 

トリミングやエフェクト、明度、彩度の補正など画像に編集を加えることが可能なだけでなく、背景を選んだり、スタンプやテキストを入れたりして、自分なりのデザインを楽しむことができます。

 

作成したコラージュは、メールに添付したり、SNSで共有することもできますし、保存して壁紙にすることもできますよ。旅行の思い出を1枚のコラージュとしてまとめるのも楽しいですね。

 

この他には、画像の文字を入れをするなら「Patext」がおすすめです。指でなぞるだけで文字が入る便利なアプリです。

 

先に画面右上にあるテキストアイコンで入力したい言葉を入力しておき、メイン画面の好きな部分を指でなぞると、指先から文字が流れ出てくるように画面の上に載っていきます。

 

フォントや色、影付けなど編集ができるのはもちろん、ジグザグにもらせん状にも文字入れができるので、メールに添付したりSNSに投稿したりする方は一度使ってみてください。