iphoneカメラに搭載されているHDR機能を使いこなそう

iphone カメラ HDR機能

 

iphoneのカメラは手軽に使えて、内容も充実しています。撮りたいと思った時に、すぐアプリを起動してシャッターを押せばいいので、デジカメを別に持ち歩くことを考えると、本当に気軽に使えます。

 

しかし、iphoneのカメラは、画面タッチでオートフォーカス機能が働くので、ピントの合う場所によっては白くなりすぎたり、黒くなりすぎたりして、思ったような写真にならないこともあります。

 

そのようなときに、活きてくるのが、iphone4以降の機種に搭載されているHDR機能です。画素数も顔検出機能もコンパクトデジタルカメラに匹敵する高機能を備えているiphoneのカメラですから、HDR機能も使いこなして、十分にその能力を引き出してやりましょう。

 

 

HDRの機能が凄い

 

iphone カメラ HDR機能

 

iphoneでは4以降の機種にHDR機能が搭載されています。HDRとはハイダイナミックレンジ合成の略で、カメラ撮影の際に明度差を広く取って、肉眼での見た目に近い画像に合成する機能のことです。

 

iphoneに搭載されているHDRでは、シャッターを切った時に露出の異なる3枚の写真を連写し、それを合成することでより自然な画像に仕上げています。

 

スポンサーリンク

 

このHDR機能の特長が顕著に表れるのが、光の当たる明るい部分と光の当たらない暗い部分の明度差が大きい風景を撮影した時です。

 

例えば、イルミネーションがまぶしい夜景や、暗い部屋から日当たりのよい野外を撮った時など、色とびや色のつぶれがなくなり、肉眼で見るのとより近い画像に仕上がります。

 

 

HDR機能の使い方

 

iphone カメラ HDR機能

 

iphoneでのHDR機能の使い方は簡単。カメラを起動した後「オプション」をタップし、「HDR」という表示が出たらオンにして写真を撮るだけです。

 

シャッターを押すだけで、iphoneが自動的に綺麗な写真に仕上げてくれるので、難しい技術は必要ありません。

 

とは言っても、連写した写真を合成して仕上げるという機能なので、動きのあるものを撮るのは苦手です。

 

また、撮影中にiphoneが動いてしまうと、手振れが協調されることになってしまうので、明度差の大きいものを撮る場合は三脚を用意して撮った方が無難です。

 

iphone カメラ HDR機能

 

iphoneのカメラに搭載されているHDR機能では、露出の異なる3枚の写真を連写して合成するという方法を取っているので、HDR機能を利用して撮った写真と、標準的な露出で撮った写真の両方を残すことが可能です。

 

「設定」から「写真とカメラ」を選び、下の方にある「通常の写真を残す」という項目をオンにしてみてください。そうすれば、HDR機能を使って合成された写真と、通常露出の写真の両方がカメラロールに保存されます。

 

スポンサーリンク

 

しかし、通常露出の写真を残しても、見比べてHDR機能の威力を思い知る以外にはあまり意味がありません。特に、フォトストリームを利用している場合は、1000枚という上限がありますから、そこに同じ写真を2枚ずつ送り込むのはもったいない話です。

 

iphoneでカメラ撮影を頻繁に行うのであれば、HDR機能を常時オンに設定しておいて「通常の写真を残す」はオフにして使う方がよいでしょう。

 

 

iOS7以降で変更されたHDR機能

 

iphone カメラ HDR機能

 

iOS7になって、それまでにカメラに搭載されていたHDR機能とは少し変わりました。

 

それまでは、HDRを手動でオンに切り替えて機能を利用していましたが、iOS7.1のデフォルトでは、HDRは自動化されています。これは、iOS7.1かつiphone5Sという条件で利用可能になるのですが、より簡単により綺麗な写真を撮影できるようになりました。

 

もちろん、必ずカメラを起動するときにはHDR機能を利用しなければならないというのではなく、オンもオフも切り替え可能です。その際には、従来の操作と同様の方法で切り替えられます。

 

iphoneのカメラ機能は充実していますから、コンパクトデジカメを別に持つ必要がないほどです。

 

搭載されているHDRも優れたレベルのものですから、ぜひ活かして使ってください。他の機能と合わせて使えるようになるとiphoneのカメラ機能を堪能し尽くすことができますよ。