iphoneの再起動とリセットの違い

iphone 再起動 リセット 違い

 

iphoneの動作が遅くなったり、不安定になったりしたとき、どのような方法で対処しますか?と質問すると、「再起動する」という人と「リセットする」という人が出てきます。実は、「再起動」と「リセット」は名前が違うだけで、ほぼ同じ方法だと思っている人が多く、きちんと違いを理解している人は意外と少ないのです。

 

「再起動」と「リセット」は、起きたトラブルに応じて、どちらの方法を選ぶか、きちんと使い分けをしないといけません。そうでないと、それが元となって、更に新たなトラブルがiphone本体やアプリに生じかねないのです。

 

iphone 再起動 リセット 違い

 

そもそも、「再起動」と「リセット」は似て非なるものです。ちょっとした不具合のときは「再起動」という方法を取れば、それで十分です。

 

iphoneの動きが今までより遅くなった、動きが重いと感じた時に取る方法が「再起動」です。パソコンと同じで、「もう一回立ち上げ直し」という感じです。

 

再起動させる方法は、電源ボタン=スリープボタンを赤いスライドバーが出てくるまで長押しし、出てきたスライドバーを横にスライドさせるだけです。

 

スポンサーリンク

 

この作業で一旦画面が完全に消えますが、数秒待ってから電源ボタン=スリープボタンを長押しると、元のように再び起動します。

 

とても簡単な方法なので、きちんと覚えておいて、活用しましょう。

 

これに対して、「リセット」は、フリーズしてしまった時や、電源ボタンがうまく作動しない時などに、強硬手段として取る方法です。パソコンであれば、電源を使って無理やり終了させているのと同じ状態なのです。

 

 

再起動する方法

 

iphone 再起動 リセット 違い

 

iphone の動作が遅くなった、安定しなくなったと感じたら、アプリ起動中であれば、ホームボタンを2回連続で押して、アプリを終わらせます。それでも、あまり変化がないようであれば、作業中のデータが失われないように保存してから、iphoneを再起動させます。

 

つまり、再起動というのは、動きの悪くなったiphoneの調子を立て直すために、一度電源を落として、再度入れ直すことなのです。ですから、頻繁に行う必要はありませんが、たまには再起動させ、iphoneが快適に動作するように立て直しましょう。

 

 

リセットする際の注意点

 

iphone 再起動 リセット 違い

 

リセットとは、iphoneを通常とは違うやり方で強制的に再起動させる方法です。リセットは、iphoneの右上にある電源ボタン=スリープボタンと本体の下の方にあるホームボタンを同時に長押しするという方法で行います。Appleのロゴマークが出てくるまで長押しします。

 

このリセットという方法は、正しい手順を踏まずに無理やり終わらせて、再び立ち上げるという非常手段ですから、作業中のデータを失う危険性があります。

 

スポンサーリンク

 

しかし、リセットはiphoneの操作が何もできないようなときに取る方法ですから、作業中のデータを保存することができません。

 

つまり、作業中のデータを保存する術があるようなときは、リセットではなく、再起動という方法を取ればよいということにもなります。

 

 

電源ボタンを使わず再起動させる方法

 

iphone 再起動 リセット 違い

 

電源ボタンは使用頻度が高いので、動かなくなることがあります。そんな非常事態でも、iphoneを再起動させる方法を念のために覚えておきましょう。

 

まずは、「設定」「一般」「アクセシビリティ」「Assistive Touch」の順でタップして、Assistive Touchを有効にし、画面をロックのボタンを表示させます。このボタンを長押しすると、電源ボタンを長押しするのと同じ効果が得られますから、これで画面上に「電源をオフ」を表示させ、スワイプして電源を落とします。

 

電源が落ちたのを確認したら、充電器を用意し、iphoneを充電器につなぎます。そうすると、自然に電源が入り、再起動と同じ状態になります。

 

再起動はiphoneを正常に動作させるために不可欠な作業です。数週間に一度の再起動だけで、iphoneを調子よく使えるようになりますから、忘れずに行いましょう。