好きな画像を使ってiphoneのホーム画面をカスタマイズしよう

iphone ホーム画面 カスタマイズ

 

iphoneユーザーには、ケースやアクセサリーにはこだわっているのに、ホーム画面は特にいじっていないという人がけっこういます。

 

でも、ホーム画面は思っている以上に他人の目に触れますから、ケースやアクセサリーとのギャップに驚かれている可能性もありますよ。ホーム画面の背景に好きな画像を選んで壁紙にするだけでも自分らしさが出ますから、少しずつカスタマイズしてみましょう。

 

 

壁紙を設定しよう

 

iphone ホーム画面 カスタマイズ

 

まずは、普通にホーム画面に壁紙を設定してみましょう。「設定」をタップして、「壁紙/明るさ」へ行き、ホーム画面に設定したい画像を選びます。

 

「Apple Wallpaper」ではプリインストール済みの画像を選択することになりますが、カメラロール内にある写真やパソコンに保存してある画像もiTunes経由で転送して壁紙に設定することができます。

 

スポンサーリンク

 

手順としては、設定したい画像を含むフォルダをタップし、設定する画像を選びます。プレビュー画面が出たら、「設定」をタップし、選んだ画像を「ホーム画面」と「ロック中の画面」のどちらに設定、または「両方に設定」を選びます。

 

「Apple Wallpaper」では、「ダイナミック」で動く壁紙を選ぶことができますから、ありきたりなホーム画面を卒業して、自分らしさを演出してみましょう。

 

 

画像をジャストサイズに設定しよう

 

iphone ホーム画面 カスタマイズ

 

iphoneのホーム画面の画像に関してですが、それまでちょうどよいサイズで壁紙として使用していたのに、iOS7にしたら突然拡大されて困ったという話をよく聞きます。縮小をしたくても、なかなかうまくいかないと悩んでいる人が多いようなので、ジャストサイズに設定する方法をご紹介します。

 

壁紙にしたい画像をカメラロールから選んでタップし、その画像をスクリーンショットで撮影してみましょう。スクリーンショットで撮影すると、画像を壁紙に設定する際、拡大や縮小が可能になります。

 

ピンチインやピンチアウトでサイズを合わせ、「設定」を押すと好みの画像をぴったりサイズでホーム画面の壁紙にすることができます。

 

 

ホーム画面をカスタマイズする方法

 

iphone ホーム画面 カスタマイズ

 

自分の好きな画像で、ホーム画面に自分だけのオリジナルアイコンを作成できる無料アプリがあります。

 

例えば、よく使う電話番号やEメールのアドレス、頻繁にアクセスするWebサイトのURLのショートカットを作り、そのアイコンをホーム画面に設置する場合、そのショートカットアイコンにわかりやすい画像を使えたら探しやすくて便利ですね。

 

カンタンショートカットアイコン(Easy Shortcut Icon)は、簡単にオリジナルのアイコンを作ることができる無料アプリです。

 

まず、作りたいアイコンの種類として「電話」「メール」「SMS」「Web」がありますから、それをこの4種類の中から選択します。次に、よく使う電話番号や、頻繁に連絡するEメールアドレス、定期的に見ているWebサイトのURLなどを記入し、続けてアイコンとフレームを選択します。

 

スポンサーリンク

 

この後、「アイコンを作成」をタップすると、ブラウザに貼り付けるURLがコピーされるので、ブラウザを開きコピーしたURLに移った後、「ホーム画面に追加」をタップすればオリジナルアイコンができあがります。

 

このカンタンショートカットアイコンでは、既存の素材だけでなく、カメラロールにある画像やアイコン用に撮影した写真をつかってアイコンを作ることができます。電話番号やEメールなど友人や家族の連絡先のアイコンを、相手の顔写真やお気に入りの画像で作ったら一発で見つけ易くなりますね。

 

iphone ホーム画面 カスタマイズ

 

このアプリは使い方が簡単で、アイコンの作成に時間がかからないので、あまりiphoneの操作に自信のない人でも自分なりのカスタマイズが可能です。しかし、アイコンの作成履歴を残せないため、もし誤って削除してしまった時には、いくらお気に入りのアイコンであっても1から作り直す必要があります。そこだけは気をつけましょう。

 

他にもホーム画面のカスタマイズに使えるアプリはたくさんあります。お気に入りの画像をつかって自分なりのホーム画面にしたら、毎日のiphoneライフが更に楽しくなりますよ。ぜひチャレンジしてみてください。