iphoneの通信速度が遅い原因と通信量制限について

iphone 通信速度 遅い 原因

 

iphoneでは高速インターネットが実現しています。従来のガラケーでは考えることのできなかった領域に通信環境は入っていき、LTEを実現させました。3Gに比べても圧倒的なスピードのため、今までは送るのが困難だった写真や動画などの重い容量のものが比較的スマートに送ることができるようになったのです。

 

これらは全て通信速度が向上したことによる影響です。しかし、通信速度が速いといわれているはずのLTEですが「遅い」と不満を持つ人も多いです。この違いというのはどこから出てきているのか。また、通信量制限というのもあるのでその点についても説明していきます。

 

 

通信速度が遅くなる原因とは?

 

iphone 通信速度 遅い 原因

 

iphoneでは4GやLTEなど次世代通信技術を駆使した環境を構築しているので、ネットへの接続やデータの送受信に関してストレスなく行うことができるようになりました。ですが、ついさっきまでは通信速度は問題ないと感じていたのに、今使ってみると「遅い」と感じる場合もあるかもしれません。

 

これには様々な原因が考えられますが、一番多いのが「本体の不具合」です。これはiphoneを使い続けることによって発生する小さな故障が積み重なることで発生すると考えられています。根本的に壊れていると呼べるところがないにも関らず電源が入らなかったり、急にフリーズしたりします。

 

iphone 通信速度 遅い 原因

 

その一貫として「ネットへの接続が遅い」という不具合が起こります。この原因に対する対処法として一般的なのが「再起動」です。

 

iphone本体を再起動することで問題を解決することができるようになります。再起動をすることで大抵の通信速度が遅い問題は解消できるのですが、それでも速度が遅いままであれば次の原因を探さす必要があります。

 

スポンサーリンク

 

次に多いのがサイトの問題です。サイト側のサーバーに負担がかかっている場合では、こちらが正常の環境を持っていたとしても通信速度が遅いと感じるようになります。

 

また、通信環境や回線の混雑状況によっても、遅いと感じることがあるようですから、大都会で多くの人が使用する環境では、通信速度が遅いと感じることもあります。そんな場合には、一旦時間を置いてから再度接続してみることをオススメします。

 

 

iphoneにおける通信量制限とは?

 

iphone 通信速度 遅い 原因

 

iphoneをはじめとするスマホでは高速インターネット回線が当たり前になりつつあいます。ネット回線の整備は各社とも生き残りをかけて差別化を図る上で重要な部分です。

 

ユーザーが問題なく使えるようにすることが何よりも大切であり、今後の情報インフラを整える意味でも役割は極めて重要なものになるでしょう。

 

そんな高速インターネットですが、あまりにも速いので動画や写真投稿などがサクサク行えます。

 

しかし、多くの人が毎日大量の通信をしていたらどうなると思いますか?おそらく、回線が耐えられなくなりショートを引き起こしてしまうでしょう。そうすると大規模通信不良などが発生し、多くの人に迷惑をかけることになります。

 

スポンサーリンク

 

そのため、携帯電話各社は通信量を1人あたり7GBまでと制限を決めています。これは定額制として申し込んだ中で使うことができる最大の通信量であり、これを超えてしまうと、通信制限が発生し、かなり遅い速度の通信環境になるので注意が必要です。

 

iphone 通信速度 遅い 原因

 

また、一定時間に大量の通信を利用した場合においては、通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のために通信速度を制限させることも、各社共通して表記されていますから、そうした意味でも通信量制限はあります。

 

通信量制限を無くすことはできませんが、お金を追加で支払うことで7GB以上使っても速度制限されないように設定することはできます。